プレスリリース

日本初!”海外駐在員”が選ぶ世界各都市のベスト100飲食店を
検索・予約できるサイト「たびらく」リリース

〜日本人旅行者の「旅ナカ総合プラットフォーム」提供に向けて〜

株式会社たびらく(所在地:東京都目黒区 代表取締役:鬼石真裕)は、日本人の長期海外駐在員が厳選した世界各都市のベスト100飲食店を簡単に検索・予約できるサービス「たびらく」を2019年1月28日にリリースしました。(https://tabiraku.net/
たびらくは食をはじめ、個々の旅行者に合わせてアクティビティやビュースポットなど旅行中の様々な行動について提案ができるよう、AIなどの技術を取り入れた「旅ナカの総合プラットフォーム」提供を目指します。

たびらく画面イメージ

■海外各地の”日本人駐在員”が厳選する、日本人のためのベスト100飲食店※1

海外各地や世界共通のグルメレビューサイトは日本人の味覚・感覚と評価が異なる場合があります。「たびらく」はそのギャップをなくすためレビュアーを日本人に限定。さらに現地を知り尽くした“長期海外駐在員”に絞ることで、ガイドブックに載っていないマニアックだけれど美味しい飲食店などの提案を可能にしました。また、あえて1地域あたりの掲載店舗数の上限を100までにすることで、本当にお勧めしたい飲食店だけを提案します。

※1:都市によって掲載数が100店舗に満たない場合があります

■日本からネット予約できる飲食店は3%以下!?「たびらく」なら100%予約可能に

「たびらく」がリリース前に飲食店のレビューを募ったところ、長期海外駐在員がお勧めする527店舗のうち、国内の大手予約サイトで予約できる店は18店舗と3%以下でした※2。海外旅行では言語の壁によって個人予約がストレスとなるケースが多いため、「たびらく」は同サイト内で簡単に”代理予約“を依頼できる機能を設けました。レビュアーを“海外駐在員”に限定した飲食店の検索・予約サイトは日本初です。※3 2019年内に予約数10万件を目標とします。

※2:国内外のレストランのオンライン予約ができるウェブサイトおよびアプリ「オープンテーブル」で検索
※3:たびらく調べ

■株式会社たびらく 代表取締役 鬼石真裕

リクルート、ビズリーチ、グリーで戦略企画、営業、PM、事業責任者などを務め、Kaizen Platformでグロースハッカーと呼ばれるクリエイターネットワークを担当(2019年1月に退職)。旅行がパッケージでなく個々人によるアラカルト予約に移行するなかで、旅行会社や交通機関が顧客の実態・ニーズを掴みづらくなっていることに課題を感じ、「旅ナカの旅行者データ収集」と「個々人に寄り添った旅ナカの総合提案」を叶えるために、たびらくを立ち上げました。

著書:2万回のA/Bテストからわかった支持されるWebデザイン事例集

■新サービス「たびらく」について(2019年1月28日時点) (https://tabiraku.net/

<サービス内容と利用料>

1. 飲食店の検索
日本人駐在員がお勧めする世界各都市の飲食店の中から、「都市」「料理ジャンル」「こだわり条件」で絞り込み、行きたい店舗を検索することができます。検索機能は無料でご利用いただけます。
2. 代理予約の依頼
行きたい店舗が決まったら「予約日時」「人数」「お客様情報」を入力することで代理予約を依頼することができます。ユーザーはネット上で簡単に予約を完結できますが、たびらく側では専門のオペレーターが各店舗と直接電話などで丁寧にやり取りをします。代理予約は成約時に手数料として1予約あたり500円(税抜き)が発生します。(人数に関係なく一律の金額となります。)

<対応都市>

11都市からスタートし、随時増やして行きます。(ソウル、バンコク、シンガポール、上海、香港、台北、ロサンゼルス、グアム、ハワイ、シドニー、ゴールドコースト)

  • たびらく画面イメージ
    <検索一覧(マップ)>
  • たびらく画面イメージ
    <店舗情報(口コミ)>
  • たびらく画面イメージ
    <代理予約>

■株式会社たびらくについて

2017年9月1日設立。日本人の長期海外駐在員が厳選した世界各都市のベスト100飲食店を簡単に検索・予約できるサービス「たびらく」を提供。“旅ナカ”の総合プラットフォームを目指す。