たびらくのロゴ

高雄でおすすめの居酒屋5選!【個性的!好みに合わせて選ぼう】

熱炒と呼ばれる台湾の居酒屋は、美味しい家庭料理を安く提供しているので皆に親しまれています。グルメの街高雄には、一般的な家庭料理を超えたこだわりの一品や、店舗の雰囲気を大切にしている個性的なお店がありますのでこれからご紹介します。

1. 立地の良いオーソドックスな居酒屋「阿美海産店」

「阿美海産店」は、ホテル街の近くにあることと、高雄市内に2店舗(前鎮區・苓雅區)あるので、観光客でも行きやすい居酒屋さんです。

今回は、高雄で最も賑やかな場所に位置する「阿美海産店 前鎮區」をご紹介したいと思います。

MRT「三多商圏」駅の3番出口を出て、「中山二路」(台17線)を北方向に300mほど進み、右折して「興中一路」に入ります。

そのまま「興中一路」を1.4km進み、左折して「光華一路」に入り、300mほど北上すると右手側にお店があります。

リーズナブルで美味しいと地元の人にも人気がある居酒屋さんですので、常に人で賑わっています。

営業開始直後くらいの、早めの時間帯のご利用をお勧めします。

ハズレなしの美味しさ!台湾の家庭料理が勢揃い

「阿美海産店」は、メニューが豊富で、台湾定番の家庭料理で食べれないものはありません。

切り干し大根が入った卵焼き「菜脯蛋」50元、カリッと揚げられた「炸豆腐」80元、たけのこのサラダ「冷筍沙拉」120元と、定番おかずがリーズナブルな上に、どれも本当に美味しくてびっくりします。

地元人気が高いのも納得です。

メニュー表の中国語が読めなくても、ハズレがないので、漢字の雰囲気でオーダーしてみても面白いかもしれません。

旅行者にとってアクセスしやすい立地!

高雄はグルメの街として有名ですし、日本から直行便も飛んでいるので、多くの日本人観光客が訪れます。

そんな旅行者達が利用するホテルの一つである「COZZI高雄中山館」は、MRT「三多商圏」駅と隣接しているので、ホテル利用者にとって「阿美海産店 前鎮區」は、気軽に飲みに行けるお店です。

三多商圏駅周辺は、高雄市の中心で、新光三越やSOGOなどのデパートがある賑やかなエリアで、観光にうってつけの場所です。

そんなエリアにある典型的な台湾居酒屋「阿美海産店」は、旅行者が熱炒を初体験する最適な場所です。

店舗情報

店名 阿美海産店
住所 高雄市苓雅區光華一路148-33號
価格帯 50元〜
営業時間 17:00〜01:00
電話番号 886-7-713-7337
定休日 火曜日

2. リーズナブルでローカル感満載の「木屋家常料理」

「木屋家常料理」は、今日ご紹介する高雄の居酒屋の中で、最も台湾の熱炒らしい庶民的なお店で「ノスタルジックな雰囲気が最高!」と台湾通の日本人の間でも話題になっています。

メニューのほとんどが100元以内という、利用者に優しい価格設定も人気に一役買っています。

最寄駅のMRT「鹽埕埔駅」から徒歩5分と、アクセスも良いです。

駅の3番か2番出口から出て、「新樂街」南東方向に250mほど進み、「大智路」にぶつかったら左折して、90mほど北上するように進むと左手側にお店があります。

テラス席のような、屋根だけの半屋外のスペースに、テーブルと椅子が並んでいるレトロな作りのお店なので一目でわかると思います。

安くて少量なので、色々味見できる!

定番のシャキシャキ「空心菜」40元、ビーフンの炒め物「肉絲炒米粉」50元、豚肉とニンニクの炒め物「蒜苗五花肉」80元と、お店の人気メニューでもとにかく安く、ほとんどのおかずは40元〜80元という価格帯です。

お安い代わりに、一皿の量も少なめで、一人でもペロリと食べきれるくらいです。

台湾のお店は大盛りが一般的ですが、「木屋家常料理」のように、少量で低価格というのはとても便利だと思います。

一人旅や女子旅行でも色々と味わうことができますし、珍しいものを試してみたいグルメの人にとっても冒険しやすいですよね。

たくさん食べたい場合や人数が多い場合は、複数皿頼めば良いだけですので、他のお店もこうしてくれないかと思うほどです。

レトロな熱炒で、ローカルの生活を垣間見よう!

昔ながらの木造2階建ての建物に、木枠の窓、カラフルなテーブルやメニュー表など、「木屋家常料理」の外観やインテリアは、台湾らしさを感じる趣のあるものです。

その絶妙なレトロ加減が、旅行者にとっては逆に新鮮で魅力的です。

地元の人々がバイクでお店に乗り付け、賑やかに店員さんと会話をしながら慣れた様子で食べる感じも、本当の台湾を少し見られた気がしてたまりません。

お店の人は、知っている日本語を駆使してもてなそうとしてくれる親切な人ばかりで、心がほっこりします。

台湾をより好きにしてくれるお店です。

店舗情報

店名 木屋家常料理
住所 高雄市鹽埕區大智路151號
価格帯 40元〜
営業時間 17:00〜21:00
電話番号 886-7-561-3591
定休日 無し

3. カタツムリ料理が有名な「123炒螺肉」

店名に螺肉と入っていることからもお分かりのように、本格的な居酒屋さんであると同時に、新鮮なカタツムリのお肉が食べられることで有名なお店です。

MRT「技撃館」駅2番出口を出たら、「中正一路」を東方向に30mほど進み、「體育場路」に入るように右折します。

道なりに400mほど南方向に歩くと、「三多一路」にぶつかるので、右折して150mほど進むと右手側にお店があります。

徒歩6分くらいです。

店内はとても清潔で、こだわりの料理を揃えていると評判ですので、珍しい物を食べたい方にお勧めです。

お店名物!台湾一美味しいカタツムリ料理

カタツムリは日本では馴染みのない食材ですが、タンパク質が牛肉と同じほど豊富なのに、脂肪分は牛肉の7分の1とヘルシーなお肉だそうです。

「123炒螺肉」では、綺麗な山奥に生息している野生のカタツムリと、日本でもよく見かける白いカタツムリの2種類を使用して絶品料理を創作しています。

香味野菜と一緒に炒めたり、カリッカリに揚げてソースと食べたり、カタツムリの風味を生かしながらも食べやすくなっています。

初めての物を口に入れるのに躊躇される方もいらっしゃると思いますが、コリコリした歯ごたえと、ジューシーなお肉がとても美味しいのでぜひチャレンジしてみてください。

「123炒螺肉」では、貝や内臓、粘膜もきちんと取り除かれ、塩で消毒されて火もしっかり入れられているので、衛生面の心配はありません。

こだわりの絶品料理が食べられる

カタツムリの他にも、「123炒螺肉」では他のお店にはないような少し変わったメニューがあります。

例えば、台湾ではほとんど見ることのない魚のお刺身や、通常の豚肉より柔らかい美濃黒豚肉でを使用した料理など、食材と調理方法にこだわっている感じがよく分かるお店です。

どれも素材を十分に生かした味付けで、とても美味しいです。

食べることが大好きな方、珍しいものにチャレンジしたい方にとってベストな居酒屋でしょう。

店舗情報

店名 123炒螺肉
住所 高雄市苓雅區三多一路86號
価格帯 150元〜
営業時間 17:00〜01:00
電話番号 886-7-713-9008
定休日 無し

4. 飲みたい人にお勧め「阿琴擔仔麵」

台湾の屋台や夜市は、あくまでも食事がメインで、お酒を飲みに来ている人は少ない印象ですよね。

周りが飲んでいないと気持ちよく飲みにくいものですが、そんな飲兵衛さんにお勧めなのが地元のおじさんたちが飲みに来る「自強夜市」の中にある「阿琴擔仔麵」です。

MRT「捷運三多商圏」駅から徒歩10分もあれば到着できます。

駅を出て、「中山二路」(台17線)を北方向に80mほど進んだら、左折して「興中二路」入ります。

45mほど西方向に直進し、「自強三路」に入るように右折して100m進めば、緑色のルーフがついた「阿琴擔仔麵」が左手側にあります。

ローカル色の強い夜市も一緒に楽しめるので、観光も兼ねて是非どうぞ。

小さな店舗でゆっくり飲める!

大型居酒屋だと人の動きが多いので、どうしてもザワザワした感じになり、ゆっくり飲めないことが多いです。

また観光客が多かったり、若い人ばかりだと、騒いでいるグループが目について落ち着かないこともありますよね。

「阿琴擔仔麵」は、店内は4人用のテーブルが4つ、お店の前の道路にも4人用が3つほどと、とてもこぢんまりしたお店です。

ですから、静かに会話を楽しみながら飲んだり、じっくりと一人飲みしたい時に最適な居心地の良い空間がお店にあります。

営業時間が夜中の3時までと通常の居酒屋さんより長いのも、ゆっくり飲みたい人には嬉しいポイントです。

豊富な家庭料理メニュー

「阿琴擔仔麵」は小規模のお店ですが、メニュー数やバリエーションは豊富ですのでご安心ください。

そもそも夜市は、地元の人が仕事帰りに寄って、テイクアウトでご飯を持って帰ることが多いので、自強夜市内にある「阿琴擔仔麵」でも、お持ち帰りのお客さんが多く来店します。

ですから、おつまみに困ることはありません。

珍しい魚袋のような料理から、馴染みのあるチャーハンまで、台湾の人が日常的に食べている食事がずらりと揃っているので、フレンドリーなお店の人に相談しながら、美味しい料理とお酒を堪能されてください。

店舗情報

店名 阿琴擔仔麵
住所 高雄市苓雅區自強三路69號
価格帯 70元〜
営業時間 17:00〜03:00
電話番号 886-7-331-1637
定休日 無し

5. 日本の居酒屋のような「東京酒場」

店名の通り、日本の居酒屋さんをイメージした「東京酒場」は、日本酒や焼酎、刺身や枝豆など、日本産の物を多く扱っている外国人に人気のお店です。

場所は、観光名所の愛河の川沿いで、ホテル「高雄 NL概念商旅」や「高雄圓山大飯店」から徒歩5分ほどの、眺めの綺麗な観光地に位置します。

お店からも眺望も素敵ですので、お近くのホテルに泊まられたり、観光に来られたりした際にお寄りください。

日本産のお酒が飲める!

高雄だけでなく台湾の居酒屋では、お酒は台湾の瓶ビールが主流で、日本の居酒屋のように色々なお酒を取り揃えているお店は少ないです。

しかし「東京酒場」では、「月桂冠」「大関」「白鶴」など、日本のお酒がズラリと並んでいます。

ビールの種類も豊富で、お料理に合わせてお酒を変えて飲みたい方にお勧めのお店です。

台湾から見る日本を発見しよう!

親日家の台湾では、日本のブランドや日本風のインテリアなどが流行っており、屋台や居酒屋も日本のお店をモデルにして店作りをしている店舗があります。

3階建店舗の「東京酒場」でも、赤提灯や木目調のインテリアなど、日本のレトロな居酒屋をイメージした店作りをしていて、確かにそれっぽい雰囲気があります。

しかし日本人から見ると、「やりたいことは分かるけどやはり台湾風」なのが面白いです。

そんな台湾人がイメージする日本がお店の随所に隠れているので、探してみてください。

良いつまみになります。

店舗情報

店名 東京酒場
住所 高雄市鳥松區大埤路30-3號
価格帯 一人300元〜800元
営業時間 11:30〜14:00・17:00〜02:00
電話番号 886-7-731-6028
定休日 無し

個性的な高雄の居酒屋

高雄の居酒屋は、定番の台湾料理が食べられるだけでなく、変わり種を使用したこだわりの料理を提供していたり、ノスタルジックな店作りをしていたり、一皿の量や値段が他店とは異なるなど、お店ごとに個性があります。

今日ご紹介した情報を参考に、ご自身の好みに合わせてお店を選び、高雄の居酒屋を満喫していただければ嬉しいです。