たびらくのロゴ

台北のおすすめ居酒屋5選!【安くて美味しい、人気店を紹介】

台湾の夕食でお勧めなのは「熱炒(ルーチャオ)」と呼ばれる居酒屋です。台北の居酒屋では、美味しい台湾料理が100元〜、白米は食べ放題と、コスパが最高です。フレンドリーで活気溢れる、観光客でも入りやすい5店をこれからご紹介します。

1. ローカルで賑わう「33區熱炒生猛海鮮」

お勧めの台北居酒屋で必ず名前が上がるのが、地元の人でいつも賑わっている「33區熱炒生猛海鮮(サンスーサンチュィラーチャオセンモーハイシェン)」です。

人気の秘密は、80元〜とコスパの良い熱炒の中でも低価格なことと、早い時間帯から営業をスタートしていることでしょう。

一般的な居酒屋は17時オープンですが、「33區熱炒生猛海鮮」は11:30オープンで、お昼からビールが飲める貴重なお店です。

さらに、座席数が多く、台湾では珍しい喫煙席があることも地元人気を後押ししています。

MRT中山駅から徒歩約10分の長安東路一段沿いに位置する、ワイワイ賑やかな台湾らしいお店です。

サービス精神旺盛!選んだ海鮮を様々な調理方法で味わえる

台北の居酒屋では、店先に水槽や棚があり、そこから自分の好みの海鮮を選んで調理してもらうシステムは一般的です。

「33區熱炒生猛海鮮」でも、店先に水槽があって、新鮮な魚介類が選べるようになっています。

ここまでは普通といえば普通なのですが、「33區熱炒生猛海鮮」では、お客さんの好みを聞いて、選んだ海鮮1種類で、2通りの料理を提供してくれるサービスがあります。

同じネタでも調理方法で味わいが異なるので、色々味わいたいと思うのが食いしん坊の性ですが、それに答えてくれるお店は少ないですよね。

サービス精神旺盛な「33區熱炒生猛海鮮」の店員さんは、好みに合わせて、煮たり・揚げたり・焼いたり・蒸したり、複数の料理方法で海鮮の旨味を堪能させてくれます。

裏メニューの絶品イカフライ「金沙軟絲」

「33區熱炒生猛海鮮」では、店員さんにお願いすると日本語のメニューを出してくれますが、メニュー表には載っていない大人気な一品があります。

それは、台湾名で「金沙軟絲(ジンサールァンスー)」と言うイカフライです。

中国や台湾などで調味料として使われている、鹹蛋(シエンタン)と呼ばれる卵の塩漬けを使用した衣を、新鮮なイカに絡めてカリッと揚げてある、日本のイカフライとは全く違う美味しさです。

一皿300元ですので、ぜひ店員さんにメモなどで伝えて、食べ逃すことのないようにしてください。

創作料理が得意な「33區熱炒生猛海鮮」は、日本食をベースにしたユニークな料理があり、新メニューもどんどん登場するので、地元のリピーターも多いのでしょう。

店舗情報

店名 33區熱炒生猛海鮮
住所 台北市長安東路一段63-1號
価格帯 80元〜1500元
営業時間 11:30〜02:30
電話番号 02-2563-3687
定休日 無休

2. 「鮮定味生猛海鮮長安店」の料理はボリューム満点

「鮮定味生猛海鮮長安店(シェンディンウェイ)」は、熱炒激戦区と言われている中山区長安東路一段にあります。

先ほどご紹介した「33區熱炒生猛海鮮」の道を挟んで隣になります。

「鮮定味生猛海鮮長安店」は200席ほどある大型店ですが、週末や20時以降にはいつも満席になっている人気ぶりです。

こちらのお店の魅力は、どの料理もボリューム満点なことです。

一皿100元〜130元と、お値段は他の居酒屋と変わらないのですが、一皿一皿のボリュームが想像以上です。

白米が無料、しかもおかわり自由の熱炒システムももちろんありますので、お腹いっぱいになりたい方は「鮮定味生猛海鮮長安店」へ行きましょう。

庶民的な味と、健全な雰囲気でホッとさせてくれる

「鮮定味生猛海鮮長安店」は、お酒を飲みにきている人だけではなく、子供を連れて家族で食事に来ているお客さんも多いです。

お店全体が健全な雰囲気で、女性だけの旅行者でも、お酒を飲めない人でも入店しやすいです。

そして、ボリューム満点なお料理の味付けは、家庭の味風というか、万人が好む庶民的な味付けで食べやすいです。

特にお勧めは「空芯菜の牛肉炒め」100元です。

ニンニクの効いたタレに、柔らかいお肉と、シャキシャキの空芯菜がよく絡んでいて、ビールにもご飯にもよくあいます。

ビールの種類が豊富なので色々試そう!

熱炒では、基本的にドリンクはセルフサービスですし、アルコールは瓶ビールがメインになります。

だからこそ、ビールの種類が豊富であることは、熱炒を選ぶ上でとても大切です。

「鮮定味生猛海鮮長安店」では、台湾ビールの定番「金牌」、苦味の強いクラシックビール「台ピー」、製造日から18日以内の生ビールタイプ「ONLY18DAYS」など、タイプの違うビールが揃っています。

ドリンクメニューやシステムが日本の居酒屋さんとは異なるので、最初はびっくりするかもしれませんが、台湾ビールを色々と味見する機会とみなして楽しみましょう。

店舗情報

店名 鮮定味生猛海鮮長安店
住所 台北市中山区長安東路一段67号
価格帯 100元〜800元
営業時間 17:30〜02:00
電話番号 02-2567-3331
定休日 無休

3. 一際目立つ大型店「中央市場生猛海鮮」

「中央市場生猛海鮮(ジョンヤンスーチャンシェンメンフオハイシャン)」も、上記2店と同じ中山区長安東路一段にあります。

MRTレッドどグリーンの中山駅・グリーンとオレンジの松江南京駅・ブルーラインの善導駅から約徒歩10分と、どのMRTからでもアクセスしやすい便利な場所に位置しています。

「中央市場生猛海鮮」は、熱炒激戦区でも、カラフルなネオンで一際目立っています。

大きなビルの1階全部が店舗となっており、中山区長安東路一段にある熱炒の中で最大規模です。

大きいのは店舗だけでなく、料理も100元でこんなに良いの?とびっくりするほど大盛りです。

ハシゴにぴったり!明け方4時半まで営業

夜賑わう熱炒でも、大体のお店は2時までの営業なのですが、「中央市場生猛海鮮」は、なんと4時半までオープンしています。

楽しいお酒ほど、2軒3軒とハシゴしたくなりますよね。

そんな時に、4時まで営業しているお店があるのは本当にありがたいです。

「中央市場生猛海鮮」の周囲には熱炒がたくさんあるので、ハシゴにぴったりです。

豊富なメニューが自慢!定番の台湾料理が全て食べられる

「中央市場生猛海鮮」は大型展だけあり、メニューも豊富で、定番の台湾料理はほぼ揃っています。

「菜脯煎蛋(ツァイプージェンダン)」と呼ばれる台湾風卵焼きは、切り干し大根が入ったコリコリとした食感が癖になる一品ですし、豚レバーを揚げて甘辛いタレに絡めてある「創意招牌猪肝(チュァンイーザオパイジューガン)」は、レバーが苦手な方でも不思議と食べられます。

他にも、台湾バジルで味付けされた「三杯鶏腿(サンベイジートイ)」など、台湾特有の料理を100元で、ボリュームたっぷりに提供しているので、地元の料理にチャレンジしたい方にお勧めのお店です。

店舗情報

店名 中央市場生猛活海鮮
住所 台北市中山區長安東路一段52-1號
価格帯 100元〜850元
営業時間 11:30〜14:30・16:00〜04:30
電話番号 02-2537-3689
定休日 無休

4. 新鮮な海鮮とガチョウ肉が食べられる「鵝肉城活海鮮」

一皿100元という居酒屋さんが多い中で、「鵝肉城活海鮮(アーローチャンホーハイシェン)」は、300元〜600元と少し高めの設定ですが、それだけの価値はあると言われているお店です。

MRT南京復興駅から、徒歩5分〜10分の遼寧街という通りにあります。微風広場や中興百貨の近くになりますので、観光のついでに寄りやすいでしょう。

ガチョウのお肉は日本では食べる機会が少ないので、ぜひ挑戦してみてください。

絶品!二種類のガチョウ肉が味わえる

店名にも入っているガチョウ肉は、「鵝肉城活海鮮」の名物です。

ガチョウ肉は日本ではあまり食べられていませんが、台湾では一般的な食材です。

鶏肉より身がしっかりとしており、歯ごたえのある食感で、噛めば噛むほど旨味が出てきます。

「鵝肉城活海鮮」では、「原味(ユェンウェイ)」と呼ばれる塩味と、燻製にしている「煙燻(イェンシュン)」の2種類があります。

どちらもジューシーで、それぞれの美味しさがありますので、両方楽しめる「両種(リャンゾン)」をお勧めします。

お値段は、1両(37.5g)40元です。

千切り生姜や台湾バジル、ピリ辛ソースや酢味噌など、味のアクセントとなる添え物も付いてくるので、さっぱりといただけます。

当日水揚げされた魚介がズラリ!日本語で相談しながら選べる

「鵝肉城活海鮮」の店頭には、台湾北東部の亀山島の港に当日揚げられ、開店直前に届いた魚介類がズラリと並んでいます。

鮮度抜群の海鮮は、お店のネオンに負けないくらいキラキラと輝いています。

「鵝肉城活海鮮」の店員さんは、魚の名前や調理方法などを日本語で説明できるので、旬のお魚や、お勧めの料理方法を相談してみましょう。

店舗情報

店名 鵝肉城活海鮮
住所 台北市遼寧街77號
価格帯 300元〜600元
営業時間 16:00〜02:00
電話番号 02-2752-2142
定休日 無休

5. 最高の立地、西門にある「馬林漁生猛海鮮」

MRT西門駅周辺は、台湾の原宿と呼ばれている、トレンドが集結した若者に人気のエリアで、夜遅くまで活気にあふれています。

古跡の西門紅楼など、見応えのある建造物もあり、観光地として多くの旅行者が訪れます。

そんな西門駅から徒歩6分の所にある「馬林漁生猛海鮮(マーリンユイセンモンハイセン)」は、台北の中でも特に立地に恵まれた居酒屋と言えるでしょう。

時間がない旅行者にお勧め

「馬林漁生猛海鮮」の最大のメリットは、ショッピングやグルメスポットが集結し、観光の拠点となる西門町に位置していることです。

海外旅行中は、やりたいことを全部するための時間が無いという問題がつきまといますよね。

立地の良い「馬林漁生猛海鮮」は、限られた時間の中で、台湾の居酒屋さんを経験したい方の強い味方になってくれることでしょう。

場所がら、外国人のお客さんも多く、店員さんも対応が慣れていますし、日本語のメニューもあるので、スムーズに利用できると思います。

日本人の口にあう味付けの台湾料理

「馬林漁生猛海鮮」のメニューは、他の熱炒と同じように家庭風台湾料理が主流です。

しかし、外国人のお客さんが多いせいか、いかにも台湾風な味付けというより、香辛料が少なめのあっさりとした味わいで、日本人の口にあうと思います。

お勧めなのは、若いタケノコを茹でて甘いマヨネーズをかけた「涼拌冷筍」や、茹でた豚バラ肉にニンニクたっぷりの甘辛いタレをかける「蒜泥白肉」など、シンプルな台湾料理です。

店舗情報

店名 馬林漁生猛海鮮
住所 台北市萬華區成都路135號
価格帯 60元〜310元
営業時間 11:30〜14:30・16:00〜02:00
電話番号 02-2312-1459
定休日 無休

台北の居酒屋ならきっと後悔することはない!

安くて美味しいのに、ボリューム満点、しかも新鮮な地元の料理が食べられる台北居酒屋は、夕飯を食べるのに最高の場所です。

バーというより、お昼も営業していたり、飲まない人でも入れたり、気軽に利用できるファミリーレストランのような雰囲気です。

今日ご紹介したお店は全て、店員さんもフレンドリーで、外国人にもきちんと対応しているので、安心してご利用ください。

お酒を飲む人も飲まない人も、みんなでワイワイ楽しめて、台湾料理をお腹いっぱい食べられる熱炒の良さを知ったら、リピートすること間違い無いでしょう。