たびらくのロゴ

台湾・鯉魚潭の5つの見どころを解説!【ホタル観賞スポット】

鯉魚潭は花蓮県寿豊郷に位置する台湾東部最大の淡水湖です。自然豊かな山に囲まれた湖なので、癒しを求める観光客に人気のスポットです。水質が良好なので、6月ごろになるとホタルを観賞することができるでしょう。

鯉魚潭ってどんな場所?

出典:Instagram

鯉魚潭は花蓮県寿豊郷にある湖です。大きい湖であり、台湾東部では最大とも言われています。

名前の由来は、隣接する山が鯉の形をしているからとも、湖の形が鯉の形に見えたからとも言われています。湖には名前となっている鯉は生息していないようです。

自然豊かな山に囲まれており、青い空と緑の山が特徴的なスポットです。大自然を感じるためには絶好の観光名所と言えるでしょう。

鯉魚潭の水は非常に綺麗です。そのため、6月ごろになるとホタルを観賞することができます。カエルもたくさん生息しており、夜になるとカエルの鳴き声と一緒にホタルの儚い明かりを楽しむことができます。

ハイキングやキャンプなども楽しめます。家族みんなで自然の素晴らしさを体感しましょう。

鯉魚潭へのアクセスは?行き方を解説

ここでは、鯉魚潭までのアクセス方法をご紹介します。

付近の大きな駅は花蓮駅ですから、多くの旅行者は台北駅もしくは花蓮駅からの出発になるでしょう。ですので、台北駅から出発する場合は、電車を使って花蓮駅まで向かいましょう。

その後、花蓮駅から鯉魚潭まで向かいます。花蓮駅から鯉魚潭まではいくつかのアクセス方法がありますので、ケースごとにご紹介します。

花蓮駅から鯉魚潭へはバス、タクシーを利用してアクセスすることができます。電車のみではアクセスできませんので、電車を利用する場合は、バスとの併用が必要になります。

一番のおすすめはバス利用です。乗り換えが無く簡単ですし、料金が安く済みます。

区間 交通手段 所要時間 料金
台北駅から花蓮駅 電車 約3時間10分 約440元
花蓮駅から鯉魚潭 電車+バス 約55分 約69元
花蓮駅から鯉魚潭 バス 約1時間20分 約62元
花蓮駅から鯉魚潭 タクシー 約35分 約405元

台北駅から花蓮駅までの行き方.電車を利用

台北駅から出発する場合は、花蓮駅まで電車を利用することができます。

台北駅で自強号(特急列車)に乗るなら、花蓮駅まで11駅ほどで到着します。3時間10分で到着するでしょう。

料金は440元になります。

花蓮駅から鯉魚潭への行き方1. 電車+バスを利用

花蓮駅から鯉魚潭へ電車とバスを併用してアクセスする方法をご紹介します。

最初に、花蓮駅で自強号(特急列車)に乗って寿豊駅まで行きましょう。この間、2駅で20分かかります。

寿豊駅で降車した後は、バスに乗り換える必要があります。近くに寿豊バス停がありますので、1139番線に乗車して鯉魚潭バス停まで向かいましょう。この間、9駅で35分かかります。

鯉魚潭バス停で降りると目の前が鯉魚潭です。

合計所要時間は55分で、料金は69元になります。乗り換えがややこしいですが、比較的短時間で到着出来るのがメリットです。

花蓮駅から鯉魚潭への行き方2. バスを利用

花蓮駅から鯉魚潭へバスによるアクセス方法をご紹介します。

最初に、花蓮駅のバス停で303番線に乗車し、潭南遊憩区まで向かいましょう。この間、3駅で1時間15分かかります。

潭南遊憩区で降車した後は、鯉魚潭まで歩いていく必要があります。北に450m歩くと鯉魚潭に到着するでしょう。約5分かかります。

合計所要時間は1時間20分で、料金は62元になります。

乗り換えもなく簡単なので、一番おすすめできるアクセス方法です。

花蓮駅から鯉魚潭への行き方3. タクシーを利用

花蓮駅から鯉魚潭へタクシーも利用した際の費用や所要時間もお伝えしますね。

台湾ではどの会社のタクシーに乗っても基本料金は同じです。乗車してから1.25kmまでは70元となっており、約0.25kmごとに5元が追加されていく仕組みです。

花蓮駅から鯉魚潭までは約18kmです。所要時間は35分ほどですが、運賃は405元にもなります。電車やバスに比べるとかなり割高ですね。

公共交通機関の利用が苦手であれば、タクシーを利用するといいでしょう。

鯉魚潭の見どころ1. 星空のように輝くホタルを観賞しよう

鯉魚潭の水は良質なので、きれいな水に集まる虫たちを観賞することができます。特に注目したいのは、ホタルです。

ホタル観賞のベストシーズンは6月ごろと言われており、その時期になるとタイワンボタルは繁殖期に入ります。身体を光らせてパートナー探しをするホタルに出会えるでしょう。

鯉魚潭のホタル観賞は夜がおすすめです。天気の良い日を狙って訪れましょう。暗くなった鯉魚潭周辺ではたくさんの明かりを見つけることが出来ます。ホタルの輝きはまさに星空のようです。

ホタルの光は儚さと美しさが合わさったものです。見る人すべてを感動させる温かい光でしょう。ホタルは自然豊かな場所でしか生息しませんから、鯉魚潭に来たなら、是非ともホタル観賞を楽しんでくださいね。

鯉魚潭の見どころ2. 美しい山と空と湖が織りなす自然美を全身で味わおう!

出典:Instagram

鯉魚潭は非常に自然豊かなスポットです。自然が好きな人にとって、鯉魚潭で過ごす時間は、これ以上ないほどの贅沢なものに感じるでしょう。

鯉魚潭自体は非常に美しい湖です。水自体が透き通っていて、とてもきれいです。天気のいい日は空の色や流れる雲が水面に反射している様子を眺めることが出来ます。湖の水が穏やかに流れる音を聞くことも出来ます。

周囲の山も美しいです。緑の木がたくさん生えており、青い空とのコントラストが最高です。ある程度の高度もあるので、山の頂上付近には雲がかかることもあるほどです。

空も澄んでいて非常に美しいです。晴れている日には鮮やかな青空を楽しむことができますし、雲が流れてる時には、バックの青色によって、雲の白さが際立つ様を眺めることができるでしょう。

山も空も湖も、それぞれ単体で美しいのですが、鯉魚潭の魅力はそれらすべてが一度に楽しめることでしょう。互いに自然の美しさを引き立て合っているので、他では見ることができないほど美しい景色を楽しめるはずですよ。

鯉魚潭の見どころ3. 自然に囲まれながらハイキングやサイクリングを楽しもう!

出典:Instagram

鯉魚潭ではハイキングやサイクリングを楽しむことが出来るようになっています。

環潭自転車道と呼ばれる約5kmほどのサイクリングロードが設置されており、湖の周りをサイクリング出来ます。心地よい風を感じながらゆったりと自転車を漕ぐと楽しいですよ。

また、サイクリングロードの他にも、森林遊歩道があります。湖や山を眺めながらハイキングを楽しめるようになっています。しばらく歩くと、高台に出ます。展望台からの景色は最高です。

自然に囲まれながら身体を動かしたい方にはピッタリの場所です。都会の喧騒から離れて、心が洗われるに違いありません。

観光旅行に疲れた人にもおすすめの場所です。鯉魚潭でしか味わえないゆったりとした時間を楽しんでくださいね。

鯉魚潭の見どころ4. キャンプ場で焚火と共に静かな夜を過ごそう

出典:Instagram

鯉魚潭にはキャンプ場も備わっています。家族みんなでキャンプを楽しんではいかがでしょうか?

ホタルのシーズンであれば、夜にホタルの明かりを楽しむことも出来るでしょう。自然豊かな場所なので、たくさんの生き物にも出会えるかもしれません。

キャンプの醍醐味として「夜の焚火」を挙げる人も多いのではないでしょうか?とても静かな場所ですから、焚火の音がよく響きます。

暗い中、焚火を眺めつつ、静かな時間を楽しみましょう。日々のストレスや嫌なことを忘れてリラックスできるでしょう。

静かなので、焚火の音や風の音、木々が揺れる音、虫の声などがよく聞こえます。自然の音に耳を傾けながら、物思いにふけるのも良いですね。

鯉魚潭で是非静かな夜を楽しんでくださいね。

鯉魚潭の見どころ5. ボートに乗って湖巡りを楽しもう

出典:Instagram

鯉魚潭にはさまざまなウォーターアクティビティが用意されています。ボートに乗って湖を巡ることも可能です。

ボートの種類がたくさんあるので、自分好みのボートを選びましょう。

白鳥の形をしたスワンボートがあります。ペダル式のボートでペダルを踏みながら楽しく湖巡りができます。漕ぐのが苦手な人には電動ペダルボートがおすすめです。電動式なので体力を消費せずに楽しめます。

10人ほど乗れる遊覧船もあります。グループでの旅行を楽しんでいる人たちにはピッタリでしょう。

1人乗りのカヌーや2人乗りのカヌーもあるので、身体を動かしたい方やスリルを味わいたい方にはおすすめです。大自然を感じながら、自分たちの力で湖を横断しましょう!

美しい湖を眺めるだけでなく、身体を使って楽しむことも出来ます。家族や友達と訪れた人は是非チャレンジしてみてくださいね。

鯉魚潭周辺のおすすめグルメ3選

鯉魚潭周辺のおすすめグルメをご紹介します。

鯉魚潭は自然豊かな場所です。周辺では小エビが獲れるようで、新鮮な小エビを食べることができるお店があります。

山菜や山で育った鶏などを提供してくれるお店もあります。おすすめのお店をご紹介しますので、是非訪れてみてくださいね。

おすすめグルメ1. 「麗莘風味館」で揚げエビを食べよう!

出典:Instagram

麗莘風味館は鯉魚潭近くのレストランです。新鮮な地元の食材が使用されたメニューを楽しむことができます。

特におすすめなのは、揚げエビです。小エビを使った料理です。カリカリに揚げた小エビや小魚をたくさんのネギとミックスしたものです。サクサクとした食感が楽しく、新鮮なエビの風味を楽しむことができます。

小エビなのですが、小エビにしてはサイズが大きく、しっかりとエビの味を楽しむことができるでしょう。

他のメニューも美味しいのでおすすめです。焼きそばやチャーハンなども味わい深く、皆でシェアしながら食べるといいでしょう。

おすすめグルメ2. 「鯉魚潭樹屋餐庁」で咪咪飯にチャレンジしよう

出典:Instagram

鯉魚潭樹屋餐庁は鯉魚潭付近でも有名なレストランです。お肉や魚、お米が美味しいと評判です。

鯉魚潭樹屋餐庁に来たなら咪咪飯と呼ばれる混ぜご飯にチャレンジしてもらいたいです。独特なメニューなのですが、具材が混ぜ込まれたチャーハンのような食べ物です。ハーブ類が使用されているので香りがいいのもポイントです。

ローストチキンや焼き魚も美味しいので、是非注文してみてください。皮がパリパリになったローストチキンは味わい深いですし、塩でしっかりと焼かれた焼き魚は大きさも味も抜群です。

シンプルで美味しい料理が多いです。素材の味をしっかりと楽しみたいなら、鯉魚潭樹屋餐庁を訪れてくださいね。

おすすめグルメ3. 「花蓮鯉魚潭放山鶏」でローストチキンを堪能!

花蓮鯉魚潭放山鶏は鯉魚潭周辺の美味しいローストチキンを提供するレストランです。

自慢のローストチキンは名前にある通り、放山鶏を使用しており、身が引き締まって味の濃い鶏を食べることができます。

ローストチキンの皮がパリパリになるほど焼かれているので、食べると心地よい歯ごたえを楽しむことが出来ます。お肉もしっかりとしており、噛むたびに肉汁が溢れます。弾力があるのですが、柔らかいお肉なので、たくさん食べても飽きません。

鶏を丸々食べることができます。提供されたお皿の上には、揚げられた鶏の頭も乗っているのでびっくりするでしょう。胸や足先やモモなど、身体全体を味わい尽くしましょう。

大自然の中でホタルの光を観賞しよう!

鯉魚潭はきれいな湖です。シーズンになるとたくさんのホタルが繁殖活動を始めます。夜にはホタルの光を観賞することができる貴重なスポットになるのです。

暗い中で輝くホタルの光は、夜空の中の星のようです。都会では見ることができない自然の明かりを楽しむことができるでしょう。

鯉魚潭の周りでは豊かな自然を楽しむことができます。ハイキングやサイクリングを楽しみつつ、湖の美しさや山の美しさを味わいましょう。

湖の上をボートで巡ることもできます。家族や友達と一緒に乗るならきっと盛り上がるに違いありません。

鯉魚潭は、自然が好きな方には是非とも訪れてもらいたいスポットです。