たびらくのロゴ

アクティビティ重視の旅! 小学生も大満足の2泊3日台北観光

台北在住歴10年の筆者が、小学生の子どもがいるファミリーにおすすめのモデルコースをご紹介します。飽きやすい子どもも、大人もお得に楽しめる2泊3日のプランです。

[1日目 11:00] 台北・中正紀念堂で衛兵交替式の見学

出典:たびらく

MRT中正紀念堂駅5番出口から徒歩0分、中正紀念堂に到着です。

中正紀念堂は、台湾三大観光名所の1つで是非とも訪れたいスポット。中正紀念堂とは、中華民国の初代総統・蒋介石(本名:中正)への哀悼の意を表して建造された中華様式の建物です。紀念堂は、蒋介石が89歳でなくなった事にちなみ、89段の階段があります。階段を上るとメインフロアです。メインフロアには、高さ6.3m(台座含むと9.8m)・重さ約21.25tの蒋介石の銅像が正面である大陸方向を向いて鎮座しています。

出典:たびらく

旅の最初のお目当ては、午前9時から午後6時まで毎時行われる “衛兵交替式” の見学(無料)。目の前で行われる、衛兵交替式に子どもも見入る事間違い無し!ただ人気スポットだけに多くの観光客が訪れるので、早めに到着して並んで待つことをお薦めします。特に身長が小さな子どもは後ろからでは何も見えない可能性もあるので、正面エリア最前列での見学を狙いましょう。そのためには少なくとも20分前から、気合がある方は30分前から並んで待ちましょう。規制線を超えたり、フラッシュ撮影をしないように注意しましょう。

交替式の見学が終わったら、広い庭園を散歩して野生のリスを探してみましょう!都会の真ん中で、リスに餌付け出来るので子どものテンション上がる事間違い無し! 人気の足つぼロードをみんなでワイワイ歩いてみるのもおすすめです。

[1日目 12:30] 初めての台湾美食体験「杭州小籠湯包」

出典:Instagram

中正紀念堂の目と鼻の先にある人気小籠包店「杭州小籠湯包」。子どももお腹が空いて来る時間帯、中正紀念堂から僅か徒歩5分と子どもの限界と移動に時間を取られず行ける名店です。

台湾に来たら、初めての本格小籠包体験をさせてあげたいですよね。小籠包と聞いて多くの人がイメージするのは「鼎泰豐」ですが、こちらは鼎泰豐と並んで本格小籠包が食べられる人気のお店です。鼎泰豐と比べてリーズナブルに美味しい小籠包が食べられるのがお薦めポイント。食べ盛りのお子様がいてもお財布に優しい。看板メニューは、店名にもなっているたっぷりスープの「小籠湯包(100元)」。

出典:たびらく

お昼時にはお店の外に、10〜15分待ち(週末ともなると30分待ち)は当たり前の大行列が出来るほどの人気店。ちなみに午後2〜5時は待ち無しで入れます。子どもはあまり長く待つのが得意ではないので……代表者が先に行って並ぶことをおすすめします。すぐ食事にありつくためにも順番待ちをしている間に、何を食べるか決めておきましょう。8人以上で団体予約も可能。

ジューシーな小籠包を食べて、大人も子どもも大満足間違いなしです。ただし熱々なので火傷にはご注意を。店内が混雑しているときはテイクアウト[中国語:外帯(ワイダイ)]をして、中正紀念堂を見ながら外で食べるのもおすすめです。

[1日目 14:00] 台湾の歴史・文化を楽しく知ろう!「台北探索館」

出典:Instagram

食事の後は、台北探索館へ移動。

MRTレッドラインの中正紀念堂駅もしくは東門駅から乗車し、台北101/世貿駅下車。5番出口から市府路を500m直進で到着です。MRT乗車賃は、中正紀念堂駅・東門駅〜台北101/世貿駅まで、現金だとNT$20・交通ICカード悠遊卡の利用だとNT$16です。どちらの駅から乗っても料金変わらずです。

台北探索館で楽しく歴史・文化を学ぼう!今楽しんでいる台北の歴史や文化を知ると、また違った台北が楽しめるかも。台北探索館は、台北市の今と昔を楽しく、子供達にも分かり易く紹介してくれるスポットです。お薦めは360度シアター!シアターは、午前の部が11時までの30分毎/午後の部は、午後2時から同じく30分毎。上映は1回20分です。

中国語が分からなくても大丈夫! 展示を見ているだけでも、ワクワクする事間違い無し! 嬉しい事に、探索館では日本語音声ガイドの機器の無料貸出しサービスを提供しています。更に嬉しい事に、入場無料。コスパ良しです。開館時間は、午前9時〜午後5時まで。月曜日と台湾の祝祭日は休館になりますので、事前にスケジュールを確認しましょう。

[1日目 16:00] 台湾一高い展望台で台北一 望! 台北101観光&ショッピング

出典:たびらく

台北探索館から歩いて5分、「台北101」に到着です。
台北の象徴 「台北101」 は高さ509.2mで、2019年現在世界で12番目に高く、東アジアでは最も高いビルです。

世界最速クラスを誇る,高速エレベーターでの体験も子どもにとっては刺激的。展望台に上がると天気が良い日はかなり遠くまで綺麗に見渡せます。91Fと89Fの展望台は午前9時〜午後10時(入場は21:15まで。スカイデッキは18時まで)が営業時間。91Fのスカイデッキは、天気の良い日のみの開放です。

出典:Instagram

建物の耐風・制振のために設けられたウィンドダンパーをモチーフにした台北101の可愛らしいキャラクター“ダンパーベイビー”のお土産は子供たちに大人気! 展望フロアや101ショッピングモールで素敵なお土産を探してみましょう。

101展望台のチケット料金は、大人NT$600、小人NT$540(身長115cm以下の子供は無料)、ファストパスNT$1200です。格安チケットサイトやクレジットカードによる割引キャンペーン、他の観光スポットとセットでのチケット販売もされていたりと安く買う方法は数知れず! 自分にピッタリの割引方法をネット検索で探してから来場しましょう。

1日目まとめ

  • 11:00〜 台北・中正紀念堂で衛兵交替式見学
  • 12:30〜 美味しい小籠包が食べられる「杭州小籠湯包」
  • 14:00〜 台湾の歴史・文化を楽しく知ろう!「台北探索館」
  • 16:00〜 台湾一高い展望台で台北一望! 台北101観光&ショッピング

[2日目 9:30] 国立台湾博物館本館と土銀展示館でド迫力恐竜見学

出典:たびらく

「国立台湾博物館本館」は、1908年に台湾で初めて設置された歴史ある博物館。当初は、台湾総督府博物館だったそうです。博物館の屋外には、台湾で第一号の蒸気機関車が展示保存されています。実際に触れたりはできませんが、鉄道好きの子どもに受ける事間違い無しです。

道路の向かいにある「台湾博物館・土銀展示館」は、1933年に完成した建物。元々は日本勧業銀行台北支店として、その後、台湾土地銀行本店へと移変り台湾の歴史上重要な役割を担っていました。現在では、台湾の自然史と金融史を展示する博物館として活用されています。

「国立台湾博物館本館」と「台湾博物館・土銀展示館」へは、最寄駅のMRTレッドライン 台湾大学病院駅下車。駅から徒歩3分がおすすめ。他にもMRTブルーラインもしくはグリーンライン西門駅下車。駅から徒歩10分。台北駅からだと徒歩15分。アクセスは比較的便利です。

国立台湾博物館本館は、二二八和平公園の一角にあります。重厚感があり、外から見るだけでも圧巻です。本館は30分もせずに中を見て周れます。

出典:Instagram

子ども連れに特におすすめなのが、台湾博物館・土銀展示館。土銀展示館は、先に紹介したように元々銀行の店舗として使用されていて、今は貴重な資料や当時の金庫の様子などを見学できます。子ども達も普段は入れない銀行内部の様子を知れて楽しめますよ。ここでは、台湾旅行の記念に、ユニークな“記帳型スタンプカード”がもらえます。銀行展示以外に、この展示館の目玉になっているのが “恐竜” の常設展です。実物大の巨大な恐竜の骨格展示に子どもは興奮間違いなし! 歩き疲れたら、恐竜展示が見えるカフェで一休み。

国立台湾博物館(本館・土銀展示館)の見学は、大人NT$30、小人NT$15(6~12歳)、就学前幼児は無料です。どちらかのチケット購入で二館とも見学できます。尚、毎年の世界博物館デーは無料で入館可能。開館時間は、午前9:30から午後5時まで、毎週月曜日と台湾の祝日は休館となりますので、スケジュールの確認をお忘れなく。

[2日目 11:00] 台北駅で鉄道グッズ探索&お昼

出典:Instagram

国立台湾博物館の見学を楽しんだ後は、「台北駅」に移動です。台北駅までMRTで一駅ですが、駅までの移動と電車の待ち時間を考えると、歩いて台北駅へ向かうのがおすすめ。

日本の東京駅に相当する「台北駅」。MRT各線・台湾鉄道・台湾新幹線の駅や巨大な台北地下街へと接続する地下通路が張り巡らされ、迷路そのものです。何度訪れても、迷子になります。そんな巨大迷路に潜り込まず、子連れの方にお薦めするのが、台北駅構内の「台鉄夢工場」そして “東1門” の外広場に展示されている「LDK58」蒸気機関車です。

国立台湾博物館の屋外展示されている蒸気機関車とは違い、こちらの蒸気機関車は、ケースに入れられておらず距離が近いのです。「LDK58」は1923年に製造され、台湾東部で実際に活躍していた車両です。プラットフォームをイメージした参観台も有り、車両内部も覗けます。蒸気機関車をバックに親子で記念撮影するのにお薦めのスポットです。

「台鉄夢工場(西3門近く)」では、鉄道模型や関連グッヅが販売されています。子どもにとっても、鉄道好きの大人にとっても夢の国と言ったところ。鉄道豆知識を持った鉄道ファンの子どもは、友達に自慢できる逸品をゲット出来るかも! 鉄道に興味は無いけどと言う子どもも、人気キャラクターとのコラボグッズにゾッコン! 現在、台湾鉄道とサンリオのハローキティがコラボ中と言う事で、限定の可愛いお弁当箱などのコラボグッズが有ります。ただし、コラボレーションは2019年内中だそうですので、限定グッズが欲しい方はお早めに。

鉄道グッズ関連で言うと「台北捷運(MRT)商品館」も人気です。ただ、こちらは駅の地下1階に有ります。最寄は“M3出口”。

記念撮影に、限定グッズ探し。楽しい時間は過ぎるのは早いもの。午後に向けて、駅の2Fのフードコートで早めのお昼を取りましょう。フードコートは、「台湾夜市」「美食共和国」「カレー専門」「麺専門」の4つのテーマで分かれています。和洋中なんでも有るので、その時の子供の気分に合わせてチョイス出来るのが嬉しいです。

[2日目 13:00] パイナップルケーキのDIY体験!? 郭元益お菓子博物館で自分だけのお土産を作ろう!

台湾のお土産として根強い人気のパイナップルケーキ。パイナップルケーキのDIY体験が出来るのはご存知でしょうか? 思い出に残る、素敵な体験をさせてくれるのが、150年続く中華菓子の老舗「郭元益(グォーユェンイー)」です。郭元益は、台湾人にも愛されると共に、観光客の間でも大人気のお店。向かう先は「郭元益お菓子博物館」です。場所は、MRT台北駅からレッドラインで士林駅へ。MRT士林駅から徒歩6分。台北駅から博物館まで、30分くらい余裕をもちましょう。MRT乗車賃は、台北駅〜士林駅まで、現金だとNT$25・交通ICカード悠遊卡の利用だとNT$20です。

郭元益お菓子博物館のDIY体験は、定番のお土産作りを体験できるとあって、親子連れや観光客に密かなブームになりつつある新しいスポットです。小麦粉からの生地作りから包装までを体験でき、子ども達の集中力UP間違い無しです。台湾で思い出に残る体験をしたいさせたいと言う、親御さんにおすすめ!ちなみに、お菓子作りDIY体験は、予約制になりますので、事前に郭元益お菓子博物館公式HPよりネット予約を忘れずにして下さい。HPは日本語対応ですので、安心です。

気になる料金ですが、「懐かしいパイナップルケーキ作りコース」一人前としてNT$300。子どもがが小学校低学年なら親子で。中高学年なら、親子別々に一人前をオーダーするのが良さそう。DIY体験としては、パイナップルケーキ作りコース以外に、「創作お菓子作りコース (NT$150)」「ミニ緑豆あんお菓子作りコース(NT$500)」が有ります。どのコースも事前の予約を忘れずに。

尚、博物館入場料として、別途NT$50が掛かります。ただし入場料は、お土産購入時にNT$50券として使用できるので、お土産を購入すれば実質無料です。こちらの開館時間は、午前9時から午後5:30まで。休館日は、旧暦の大晦日のみです。

DIY体験の予約を忘れていた!なんて方でも、博物館内の展示も充実しているので足を運んでみるのも良いですよ。

[2日目 18:00] 士林夜市でワクワクグルメ&レトロゲーム体験

出典:たびらく

DIYを楽しんだ後は、士林夜市へGO!士林夜市は、数ある夜市の中でも台北を代表する夜市です。士林夜市の特色は、なんと言っても広いこと。そして、基本的な台湾グルメを一通り楽しめることです。色々あり過ぎて何を食べて良いか分からない、子どもの食事量を考えると色々食べてみたいけどとと悩む方には、ちょっとずつ買って、みんなでシェアして種類を楽しむのがおすすめです。現地人が並んでいたら、美味しい証です。

基本的に行政の許可を得て営業しているお店なので、食中毒などの心配はしないで子ども連れでも大丈夫!士林夜市はグルメ以外にも、服飾・雑貨・玩具など何でもあるのが魅力。中でも子ども達に大人気なのは、レトロな屋台ゲーム。射的に輪投げ、ピンボール、ビンゴなど。ゲームは1回NT$50〜100程。目ぼしい景品をゲットすべく、時間を忘れて、しばしゲームに熱中する子どもをよく見かけます。ゲームだけを見比べると、同じく台北市内の寧夏夜市が人気のようですが、ゲーム屋台エリアが出現するのが週末夜と長期休暇中のみと限定されるので、いつでも安定した屋台の豊富さがある士林夜市は、大人も子どもも存分に満喫できる一押し夜市です。

平日でも人が多いので、子どもが迷子にならないように注意してくださいね。治安は良いとは言え、スリ・置き引きが無いわけではありませんので貴重品管理もしっかりとしてください。

2日目まとめ

  • 9:30〜 「国立台湾博物館本館」と「土銀展示館」でド迫力恐竜見学
  • 11:00〜 台北駅で鉄道グッヅ探索&お昼
  • 13:00〜 パイナップルケーキのDIY体験!? 郭元益お菓子博物館で自分だけのお土産を作ろう!
  • 18:00〜 士林夜市でワクワクグルメ&レトロゲーム体験

[3日目 9:00] 「国立台湾科学教育館」で色々な実験をしちゃおう!

出典:たびらく

台北の冬場は、雨の日が続き折角立てた計画も断念なんて事もよく聞く話。また、夏場の日差しはとてもじゃ無いけど、長時間屋外活動は体調不良の元です。折角の台湾旅行、最終日もしっかり楽しみたいと言う、子連れの方におすすめするスポットは、「国立台湾科学教育館」。室内なので、そんな心配は無用で楽しめます。

科学教育館へは、MRTとバスを利用する場合(1)MRTレッドライン剣潭駅から。剣潭駅1番出口のバス停で「紅30(ノンステップバス)」「41」「9006」「士林小巴8」番のいずれかに乗車し、国立科学教育館駅下車。NT$15。
(2)MRTレッドライン士林駅から。士林駅1番出口を出て、道路の向かいにあるバス停で「紅30(ノンステップバス)」「紅12」「557」「620」番のいずれかに乗車し、国立科学教育館駅下車。NT$15。

台北のバスに乗り慣れていない方には、台北駅・もしくはMRT剣潭駅からタクシー利用がお薦めです。台北駅から交通状況によりますが20〜30分程・剣潭駅からなら10分以内で到着します。

出典:たびらく

科学教育館には、日本語の説明や音声ガイドの貸出しは有りませんが、説明不要の体験重視の展示や、3D映画館など大迫力映像で子供達も喜ぶ事受け合いです。科学教育館の公式HPから日本語で内容を予め確認できるので、事前に参考にして置くと良いかも知れません。館内は、地下:科学実験室&シアター・2F:休憩エリア・3−4F:生命科学展示エリア・5−6F:物質科学展エリア・7−8F:特別展示エリア・9F:図書館となっています。

じっくり見て回るだけでも、半日掛かりそうな広さ。人気体験は、5Fにある高さ20mの空中で自転車に乗るコーナー。空中自転車は、身長127cm以下または、体重113Kg以上の方は安全の為制限が有ります。

出典:たびらく

気になる料金ですが、3−6Fの常設展:NT$100(子供NT$70)が基本。常設展以外にも、アクティビティを楽しみたい場合は別途以下の料金が掛かります。3D映画館:NT$100(子供NT$70)/4Dシミュレーション劇場NT$100(子供NT$70)/空中自転車:NT$80(子供NT$50)。

科学博物館の開館時間は、午前9時から午後5時まで(土日、祝日、長期休暇時期は、午後6時まで)入場は閉館1時間前までです。休館日は、毎週月曜日です。

最終日、飛行機の時間や子供の体力と相談ですが、余力があればお隣の台北市子供遊園地や台北市立天文科学教育館も併せて楽しむことが出来ます。これで子供の有り余った体力を発散し切って、帰りの飛行機もぐっすりお休み間違い無しです。

▷国立台湾科学教育館に関する記事はこちら
台湾・国立台湾科学教育館の6つの見どころ!【お子さんと楽しもう】

3日目まとめ

  • 9:00〜「国立台湾科学教育館」で色々な実験をしちゃおう!

小学生も大満足! 勉強にもなって楽しい、台北満喫コースをご紹介しました!

言葉なんか通じなくても、遊びの天才は思いっきり楽しめちゃう!

台湾人はなるべくお金をかけずに子供を楽しませる方法をよく知っています。そんな台湾人に学び、賢く節約・飽きずに楽しく、親子でWIN-WINな2泊3日の旅プランをご紹介しました。子どもの体力に合わせて、楽しい台北旅行を楽しんでくださいね。