たびらくのロゴ

台湾・国父紀念館の5つの見どころを解説!【衛兵交代式は必見!】

中国近代革命の父であり、「国父」と呼ばれる孫文の偉業を讃え、生誕100周年を記念して建てられた国父紀念館。台北の繁華街に近い中山公園の中にあり、孫文の歩みや革命について学べます。また、孫文の巨大ブロンズ像を警備する衛兵の交代式も必見です。

国父紀念館ってどんな場所?

孫文の生誕100年記念に落成 孫文の歩みと革命が学べる

台北市の東區と信義エリアの中間に位置する11ヘクタールの広さを誇る中山公園の中にある国父紀念館。孫文(1866~1925)の生誕を記念して、1972年に落成しました。鳳凰が羽を広げたような独特かつ荘厳な雰囲気の建物は、上から見ると正方形で、一辺の長さが100メートルという巨大さです。

メモリアルホールには孫文の銅像をはじめ、孫文の歩みや革命に関する展示があり、歴史にそれほど詳しくない人でもわかりやすい説明だと好評。充実した内容にもかかわらず、無料というのもうれしいです。孫文についてもっと深く学びたい方は、関連の資料を集めた図書館に行ってみましょう。また館内には大きなホールもあり、学術、文化、芸術など、台北市民の学びの場として親しまれています。

絶対見たい!カッコいい衛兵交代式

孫文像の左右に立ち、警備している衛兵の交代式も見逃せません。台湾の英霊を祀る忠烈祠や蒋介石の偉業を讃えて建てられた中正紀念堂での衛兵交代式と並び、観光客に大人気です。

決まった時間に行われ、場所も建物の中なので、天候に左右されず必ず実施されるのがうれしいところ。写真や動画の撮影もできますので、いい場所を取って、じっくり衛兵たちの動きを見学しましょう。

台北101の撮影でインスタ映え狙い

国父紀念館は台湾一の高さを誇る、新しいレジャースポット、台北101とは意外と近く、徒歩10分の距離にあります。せっかく101に行ったのに、近すぎてせっかくの高いビルが写真に収まりきれなかったという声もちらほら。でも、国父紀念館の建つ中山公園からですと、101がすっぽり収まると、撮影の穴場としても、近年注目されています。様々なアングルから、インスタ映えする写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

住所 台北市仁愛路四段505号
電話番号 02-2758-8008
営業時間 9:00~18:00(公園部分は24時間開放)
入場料 無料
定休日 旧暦の大晦日、1月1日は休み
公式サイト http://www.yatsen.gov.tw/tw/
備考 衛兵交代は09:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00(各10分間)

国父紀念館へのアクセスは?行き方を解説

ここからは国父紀念館へのアクセスを解説します。

地下鉄(MRT)台北駅からは4キロほどの距離です。地下鉄の利用が一番分かりやすく便利で、慣れない方でも容易にアクセスできます。

路線バスも通っていますが、遠回りになってしまいますので、おすすめはできません。しかし、時間がたっぷりあって、1日かけて台北を代表する定番観光地めぐりをしたい方には、二階建てバスの利用が楽しいです。ただし、こちらも遠回りになり、時間は掛かります。

複数人やお子様連れ、荷物が多い場合はタクシーも便利です。時間帯によっては交通渋滞もありますので、早く確実に行きたい場合はやはり地下鉄を使っていくのが一番よいでしょう。

国父紀念館への行き方1. 電車を利用

地下鉄の台北駅から緑色の路線・板南線(南展覧館方面行き)に乗り、5駅目の「国父紀念館駅」で下車します。所要時間は8分で料金は大人20元です。出口4からは中山公園の入り口から徒歩5分程度あれば到着できます。

国父紀念館への行き方2. バスを利用

時間に余裕があって、1日かけてゆっくりと市内の主要観光地めぐりをしたいときには、二階建て観光バスの利用が楽しいです。台北駅を出発し、西門、総統府、中正紀念堂、台北101などのルートを通るため、最寄りバス停の「国父紀念館駅」までの所要時間は1時間くらい掛かり、かなり遠回りにはなります。運行時間は9時台から20時頃までで、運行間隔は30~40分おきになっています。

1日乗り放題の乗車券は大人600元。乗り降り自由で、日本語のイヤホンガイドがついています。

国父紀念館への行き方3. タクシーを利用

タクシーを利用する場合、台北駅から国父紀念館への最短距離は約4.6キロで所要時間は15分程度。料金は160元前後です。

運転手さんは英語も日本語もあまり話せない人はほとんどなので、目的地名と住所を書いたメモを渡すとスムースにコミュニケーションできます。

台北市のタクシーは日本に比べて運賃が安いです。1.25キロまで70元、行こう200メートルごとに5元加算されていきます。おつりの不足しているドライバーもいるため、乗車の際は小額紙幣や小銭を準備しておきましょう。

国父紀念館の見どころ1. 台北101撮影の穴場、祈念館前で最高の一枚を撮ろう

黄色の屋根がまるで鳳凰が羽を広げたような独特かつ荘厳な雰囲気の漂う唐の建築様式の国父紀念館は、中山公園のシンボル的存在となっています。祈念館の前には手入れの行き届いた花壇が美しいです。

なんともフォトジェニックな紀念館の前で記念写真を撮るのは定番中の定番なのですが、いまでは台北101の穴場的撮影スポットとしても注目されています。角度を工夫すると紀念館と台北101を背景に入れることもできます。台湾の伝統的な建築物と最新の高層ビルとのコントラストが絶妙です。また、中山公園内の様々な場所から101を表情を収めることができますので、あなただけのベストスポットを見つけてください。

国父紀念館の見どころ2. 大迫力の8.9m!孫文のブロンズ座像

紀念館の大きな正面エントランスを入ったとこにあるメモリアルホールには、孫文のブロンズ像が鎮座。高さ8.9mもの孫文が大迫力で出迎えてくれます。

孫文像の前には赤い絨毯が敷かれ、左右には衛兵が直立不動で立ち、しっかりと像を見守っています。絨毯の前に立ち入って孫文像に近づくことはできませんが、展示室のある2階に上ると孫文像がより近く見られます。

衛兵に話しかけたり、触れたりすることはもちろんできません。ホール内での会話は控えるようにし、脱帽が決まりとなっています。ルールを守って楽しく見学しましょう。

国父紀念館の見どころ3. カッコいい衛兵交代式を間近で見学しよう

午前9時から17時までの毎正時に孫文のブロンズ像を警備する衛兵の交代式が行われています。機械仕掛けのような一糸乱れぬ動きがカッコいいと観光客に大人気。静けさの中に響く衛兵たちの靴音や巧みな銃捌きには、目が釘付けになること間違いなし。スローモーションのように歩いたり、突然、機敏に動き始めたりと、緩急つけた独特な動きを見せてくれます。

国父紀念館の衛兵交代式は、忠烈祠、中正紀念館に比べより近くで見学できるのが特長。約10分間のセレモニーですが、いい場所でじっくり見ようと、30分も前から場所取りをしている人のいるほどです。写真や動画撮影も可能です。

国父紀念館の見どころ4. 展示室で孫文の偉業と革命について学ぼう

台湾の歴史や孫文について学びたいという人は併設されている史蹟展示室に足を運んでみましょう。もともとは医師だった孫文が政治に疑問を抱き、革命の父と呼ばれるようになった経緯からはじまり、孫文と台湾の関係などの解説をパネル等でわかりやすく展示。孫文は日本に亡命をしていた時代があり、日本での活動についても注目してみてはいかがでしょうか?日本語での解説やパンフレットも用意されていますので、しっかりと学べます。

また、館内の売店や自動販売機では孫文や蒋介石のグッズも売られていますので、ファンの方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

国父紀念館の見どころ5.市民の憩いの場、中山公園でのんびり

時間のある方は、国父紀念館の建つ中山公園でのんびり過ごしてみましょう。100ヘクタールもの広大な公園の敷地内には噴水や池もあります。広場では太極拳で健康づくりをする中高年の人々やローラースケートなどを楽しむ若者が集い、台北に住む人たちのレジャーを垣間見ることができます。

ただし、日陰があまりないので、暑い時期は日傘や帽子を忘れずに持ち歩きましょう。

また、年末の台北101のカウントダウンの花火は、多くの人たちが中山公園に集まり、見物をしています。

国父紀念館周辺のおすすめグルメ3選

国父紀念館で台湾の歴史を学び、中山公園をお散歩したあとは、レストランやカフェで休憩しませんか? 日本でもよく知られている人気の台湾スイーツ店や地元の人たちの愛される絶品火鍋の専門店を紹介いたします。

おすすめグルメ1. 「騒豆花」の昔ながらの手作り豆花スイーツは並んでも食べたい!

地下・鉄国父紀念館駅から徒歩3分の路地裏にある手作りの味を提供する豆花スイーツの専門店。2019年には東京・新宿に支店がオープンした行列のできるお店ですが、こぢんまりとしたレトロな雰囲気の漂う店構えが特徴のお店です。夏場(4~10月)は芒果西瓜豆花(95元)や芒果豆花(95元)、冬場(11~4月)は草苺豆花(95元)が人気。厳選された台湾産の果物には加工を一切施さず、旬の味わいを大切にしているそうです。

豆花には少しだけ香ばしい苦味がアクセントになっていると好評です。店名にもなっている騒豆花(40元)はシロップをかけた豆花に、ピーナッツをトッピングしたシンプルな一品もおすすめです。

営業時間は12時30分~22時30分まで。日曜日が定休日です。

おすすめグルメ2. 長白小館で味わうさっぱり酸菜白肉火鍋

地下鉄・国父紀念館駅から徒歩5分の場所にある台湾では少し珍しい中国東北部に伝わる酸菜白肉火鍋の専門店。酸味のある白菜漬けの上に茹でる、蒸すの下処理をした豚バラ肉を載せたシンプルな具材を透明な白湯スープに鰹節やシイタケなどの乾物を入れて煮込んだ一品。特製のピリリとしたつけダレに、ニラの花、にんにく、麻辣醤など好みの薬味を加えていただきます。豚バラ肉は脂っこさがなく、さっぱり食べられます。

酸菜白肉火鍋は2人前は980元。ニラ、卵、春雨を包んだ蒸し餃子、蒸餃(80元)や花椒を効かせた葱油餅(50元)などもおすすめ。冬場は予約が必要で、連日、地元の人たちで賑わう繁盛店です。

営業時間はランチタイムは11時30分~14時。ディナータイムは17時~21時。毎週月曜日が定休日で、8月いっぱいはお休みになります。

おすすめグルメ3. 「Ice Monster]の元祖マンゴーかき氷は必食!

地下鉄・国父紀念館駅から徒歩2分のマンゴーかき氷の元祖として知られる名店。日本にも店舗があるので、ファンの方は是非一度、本場・台湾の店舗に足を運んでみては?

一番人気のメニューは夏期限定の生のマンゴーがどっさりのった原創新鮮芒果冰(220元)。口に含むと、とろけるようなふわふわの食感の氷と台湾産の新鮮なマンゴーがベストマッチ。夏に台北を訪れたら、必ず食べてほしい一品です。

マンゴーのほかにも、イチゴやメロンも人気。季節ごとの味を楽しみたいですね。

営業時間は10時30分~23時30分(金・土・日は~23時30分)。毎日営業しています。

学べて、インスタ映えも狙える最高の定番観光スポット

国父・孫文の功績や革命の歴史を学べて、カッコいいと評判の衛兵交代式も見学できる国父紀念館。無料でいろいろ楽しめるので、台北市の観光の際は一度、立ち寄ってみてください。

また、祈念館の建つ、中山公園は緑あふれるお散歩コースとしてはもちろん、巨大な台北101がすっぽり収まる撮影スポットとしても大人気。まだ、紹介されていないあなただけのアングルを探して、旅の思い出をインスタにアップしてみてはいかがでしょうか? 滞在時間は少なくとも2時間か3時間は時間を取って、じっくり見学してみるとよいでしょう。