たびらくのロゴ

台湾・大葉高島屋の5つの見どころを解説!【日系だから安心】

大葉高島屋は、日本の高島屋系列のデパートで、店内の雰囲気や丁寧なサービスなど、日系ならではの安心感があります。レストランや巨大水槽など、買い物以外にも魅力がたくさんあるので、これから5つの見所をご紹介します。

大葉高島屋ってどんな場所?

出典:Instagram

1994年に、セレブや外国人が多く住む天母エリアに、快適でゆったりとした買い物空間の提供と、お客様の声を大切にするという2つのコンセプトを掲げ、高級デパートとしてオープンしました。

真心のこもった、きめ細かい配慮が至る所に見られ、どんな人でも快適に過ごせます。

大葉高島屋のシンボルとも言える、巨大水槽も見逃せません。
100匹を超える魚たちが優雅に泳いでいて、水中ショーなども行われるファミリーやカップルに大人気のスポットです。

2014年には、大規模リニューアルが行われ、上質なサービスはそのままに、以前より少しカジュアルに生まれ変わりました。

家族連れの方や快適な買い物を楽しみたい方にお勧めのデパートです。

また、日本のショップも多く出店しているので、いざという時にも頼りになります。

住所 台北市士林区忠誠路2段55号
営業時間 平日11:00~21:30 休日の前日11:00~22:00
B1Fスーパーは曜日に関係なく9:00~営業しています。
入場料 無料
定休日 無し
公式サイト www.dayeh-takashimaya.com.tw (中国語)

大葉高島屋へのアクセスは?行き方を解説

巨大駐車場が完備されているので、地元の方はマイカー移動が多いそうですが、旅行者だと、電車かバス、もしくはタクシー移動がメインになりますよね。

ここでは、電車で台北駅から最寄駅に行き、無料シャトルバスを利用する方法と、タクシーで大葉高島屋に行く2つのアクセス方法をご紹介します。

大葉高島屋の最寄駅は、MRTの明徳・石牌・芝山の3駅なのですが、一番便利なMRT芝山駅についてこれから詳しくご紹介します。

大葉高島屋への行き方1. 電車を利用

芝山駅は、レッドラインのMRT淡水信義線上にあります。

台北駅からだと7駅、所要時間は約25分、料金は25元でつきます。

芝山駅に着いたら、バスロータリーに向かってください。
大きな看板で、大葉高島屋行きの、無料シャトルバス乗り場が案内されています。

中国語が読めなくても、おなじみの高島屋のロゴ(高の漢字が赤丸でかこまれている)があるので、すぐに見分けることができます

20分に1本の間隔で運行しています。

台湾の街並みを楽しみたい方や、交通費を抑えたい方にお勧めのアクセス方法です。

大葉高島屋への行き方3. タクシーを利用

台北駅から大葉高島屋までの距離が、8.4kmです。

道路状況などにも左右されますが、所要時間は20分〜23分、運賃は250元〜255元くらいです。

コストもそれほど高くないので、グループや家族で移動される方にお勧めです。

周辺の観光地から大葉高島屋に行く時も、道でタクシーを拾って直接行くほうが効率的です。

大葉高島屋の見どころ1. 真心のこもったサービス

大葉高島屋では、お客さんの気持ちや利便性を考慮した工夫が至る所に見られます。

一例として、小さなお子さんがいる家族のための配慮をご紹介したいと思います。

ベビーカーを押したり、子供の手を引いてもスムーズに歩けるように、通路の広さや休憩スペースがゆったりとられています。

インフォメーションセンターでベビーカーの貸し出も行なっています。

また、ベビールームも建物内に2箇所あり、授乳室は仕切られていますし、おむつ交換台、冷蔵庫、離乳食コーナー、ウォーターサーバー、親子洗面台が完備されています。

それだけでなく、哺乳瓶保温ケース、ウェットティッシュ、なんと無料のオムツまで用意されています。

キッズスペースも充実しており、ぐずりだした子供がエネルギーを発散できるようなプレイスペースや、気分が一気に上がる玩具店もあります。

さらに、年会費300円を払って会員になれば、上質な絵本やおもちゃがたくさんある、有料のキッズスペースも自由に使用できます。

子連れでの買い物は大変ですが、これだけサービスが充実していると、行く前の不安も和らげてくれますし、実際、家族みんなが快適に過ごせますよね。

大葉高島屋の見どころ2. 巨大水槽に広がる幻想的な空間

出典:Instagram

大葉高島屋のシンボルになっている巨大水槽は地下1階にあります。

そこはもう水族館で、カラフルで美しい熱帯魚が優雅に泳いでいるだけでなく、照明や音楽を駆使したショーが行われます。

まず、水槽全体がライトアップされ、泡や水柱によるバブルショーが始まります。

その後いよいよフィッシュショーに突入しますが、派手なウェットスーツに身を包んだスタッフが、水中でアクロバティックに回転したり、魚と一緒に泳いだり、迫力のあるステージを繰り広げます。

ショーの中で餌付けも行われ、魚が一気によってくる様子がみれたり、飽きることがありません。

ショーは、平日17:00〜と20:00〜、土日14:00〜と19:00〜、それぞれ2回ずつ15分間開催されます。

大葉高島屋の見どころ3. 日本ブランドがある安心感

海外に行ったら現地の物を試したい方もいらっしゃいますが、日本のブランドや製品がやはり落ち着くという方もいらっしゃいます。

大葉高島屋は、そんな日本ブランド大好きな方の強い味方になってくれます。

生活雑貨の「無印良品MUJI」、書籍の「紀伊国屋」レディースファッションの「B-tree」「23区」などが、日本のショップが多く出店していますし、マッサージの「Rafine」やヘアサロンの「QB」も入っています。

旅先で急に必要な物がでたり、いつも受けているマッサージで疲れを癒したい時には、大葉高島屋にいきましょう。

大葉高島屋の見どころ4. 充実したレストランとフードコート

12階はレストランフロアになっています。

老舗日本料理「蟬」や和風焼肉の「牛角」、台湾料理の「銀杏」や中華料理の「新葡苑」など、7つの人気レストランが入っているので、上質な食事を堪能できます。

レストラン街の営業時間はデパートと同じですが、14:30~17:00は閉まるのでご注意ください。

地下にあるフードコートでは、回転寿司「中興志」やカレー店「CoCo壱番館」、北海道ラーメン「さんまる」など、おなじみの飲食店が入っていて、日本の味が恋しくなった時などにお勧めです。

日本料理だけでなく、イタリアンやタイ料理、韓国料理や台湾料理のお店など、様々なタイプの料理を楽しむ事もできます。

マクドナルドやカフェなどもありますので、ドリンクやスイーツだけの利用もできます。

それぞれが好きなものをオーダーできるフードコートは、グループ旅行にぴったりです。

大葉高島屋の見どころ5. 両替や免税手続きができる

12階にあるカスタマーサービスセンターで、両替のサービスを行っています。

取り扱っている通貨は、アメリカドル・円・香港ドル・シンガポールドル・人民元で、最高2万元まで両替可能です。

大葉高島屋ではもちろんクレジットカード払いができますが、交通費や夜市など、キャッシュが必要なこともありますので、お食事やお買い物ついでに、安全な状況で両替できるのは助かります。

さらに旅行者にとって嬉しい免税サービスも、2階の士東路側レジカウンターで行っています。

台湾では、2,000元以上の買い物で5%の免税が受けれます。

大葉高島屋では、免税額が1,000元以下の場合はその場で還付金を受け取れますし、それ以上の場合でも、空港で還付金を受け取れるように手続きをしてくれます。

大葉高島屋周辺のおすすめグルメ2選

12階にあるレストラン街、地下1階にあるフードコートなど、大葉高島屋にあるグルメスポットを紹介してまいりましたが、まだまだ美味しいお店があります。

ここでは、大葉高島屋の他の階にある、美味しくて遊び心のある飲食店をご紹介します。

おすすめグルメ1. 「DOKODEMODOA Cafe」で世界のグルメを堪能!

「どこでもドア」といえば、アニメドラえもんの道具の一つで、行きたい場所を願ってドアを開ければそこに行ける夢のようなドアです。

DOKODEMODOA Cafeは、味覚のどこでもドアを使って世界を旅するという遊び心を持ったお店で、世界中の食材や食文化をミックスした料理を提供していています。

ノルウェー産のサーモンや、アメリカのビーフステーキが人気ですが、土鍋で提供される台湾風角煮の炊き込みご飯など、アジア料理も豊富に取り揃えています。

みんなで色々な味を楽しみたい時にお勧めのお店です。
4階にあります。

おすすめグルメ2.  「LONDON TEA」でセレブ気分

出典:Instagram

天母に住むセレブや台湾マダムに大人気の「LONDON TEA」は、デパート2階にあります。

イギリスの気品漂うサロンで、エレガントなティーカップや茶器、本場イギリス顔負けの紅茶セレクションなど、優雅なティータイムを過ごすせるお店です。

スコーンやサンドイッチなどの軽食もあります。

台湾の人はお茶を飲む習慣があるのでシビアな目を持っていますが、このお店は地元の方が多いので、本当に美味しいお茶が飲めるということでしょう。

お買い物の途中に、静かな環境で一息つきたい時にお勧めです。

快適に食事や買い物が楽しめる「大葉高島屋」

日本のおもてなしは世界に誇れる文化ですが、大葉高島屋に行くとその素晴らしさを実感できます。

「こんなサービスがあったらいいな」と思うことに、ほぼ対応しています。

遠見雑誌が開催しているデパートサービスコンテストで、1位を何度も獲得していることも、大葉高島屋のサービスの質の高さを証明しています。

400を超える店舗があり、設備もサービスも充実している大葉高島屋は、日本からの旅行者にとってオアシスのような存在になってくれます。

ゆっくり快適に買い物したい方、安心した環境で食事をしたい方にお勧めのデパートです。