たびらくのロゴ

プーケット・ウォーターパークの5つの見どころを解説【スリル満点】

プーケットのマイカオ地区にある「スプラッシュジャングル・ウォーターパーク」はプーケット唯一のウォーターパークです。子供専用のウォータースライダースペースから、大人も楽しめるビッグスライダーもあり、ご家族で1日中楽しめるスポットです。

ウォーターパークってどんな場所?

プーケットのマイカオビーチの近くにある「スプラッシュジャングルウォーターパーク」は、タイ南部では唯一の、そしてスリル満点なアクティビティ・スポットです。

ウォーターパーク内ではウォータースライダーなどのアトラクションが12個あり、特に遊び盛りの子供たちが思いっきり遊べる最高のアトラクションスポットです。

また、安全面もきちんと配慮されており、プロのライフガードがどのエリアでも待機していて、楽しく安全な時間を過ごせます。

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」は、プーケット国際空港に近く、グランドウエストサンズヴィラプーケットの一部に位置するホテルでは、お得な料金ですべてのアトラクションを楽しむことができます。

ご家族で、タイのプーケットに遊びに来られた際は、是非こちらの「スプラッシュジャングルウォーターパーク」に立ち寄ってみてください。大人も楽しめるテーマパークですが、特に遊び盛りの子供たちには最高の思い出になることでしょう。

住所 65 Moo 4 Mai khao Soi 4, Mai Khao, Phuket
営業時間 10:00~17:45
入場料 1,450バーツ₍大人₎
700バーツ(子供5~11歳)
定休日 なし
公式サイト https://splashjungle.com/
備考 公式サイトでチケットを購入すると10%割引されます。

ウォーターパークの見どころ1. 虹色が目印の「WHIZZARD」にまずは乗ってみよう!

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」の「WHIZZARD(ウィザード)」はパークのシンボル的なビッグスライダーです。

ここに来たらまず手始めにこの「WHIZZARD(ウィザード)」に乗ってウォーターパークのスライダーの感触をつかむことをおすすめします。

と言いますのも、ウォーターパークが好きで毎年どこかのパークに遊びに行くという方なら、スライダーに慣れていると思うのですが、実際にウォータースライダーに乗ってみると思っていた以上にスリル満点なことに驚かれると思います。

ジェットコースターのスリルは大丈夫でも、ウォータースライダーのスリルは結構苦手という方もおられるくらいです。

スリルの感じが違うんです。ウォータースライダーのスピードはジェットコースターに劣るとしても、安全ベルトも何もない、ただ浮き輪につかまって滑るだけの、その不安定さがかなりスリル満点です。

ですので「WHIZZARD(ウィザード)」にまず乗って感触をつかんでください。

回転1回と、最後にレインボーカラーの滑り台でフィニッシュするタイプのスライダーです。

ウォーターパークの見どころ2. 流れるプール「Lasy River」でパークを巡ろう!

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」の「Lasy River(レイジーリバー)」は、長さ335メートルもある流れるプールです。

ウォーターパークの外面を囲うように「Lasy River」は流れているので、専用の浮き輪に乗ってプカプカ流されつつパーク内の景色を眺めることができます。

ウォーターパーク内は、日本のディズニーのようにパーク内がとても美しく整備されているので、その景色を眺めているだけでも、リラックスできます。

また小さいお子様がご一緒の場合も、一緒に流れるプールを楽しむことができますよ。

用意されている浮き輪も、連結して楽しむこともできるので、ご家族やお友達とワイワイにぎやかに「Lasy River」の流れを楽しまれてください。

ウォーターパークの見どころ3. スリル満点「Super Bowl」でおもいっきり流されよう

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」の「Super Bowl(スーパーボール)」はパーク内で人気のあるスリル満点のウォータースライダーのひとつです。

1人用と2人用の浮き輪どちらかを選んで利用します。友人同士やカップルや親子で一緒に楽しむこともできますし、もちろん1人で滑ることもできます。ただ、子供が利用する場合、身長が122cm以上で大人の方と2人用の浮き輪で一緒に滑る必要があります。

係員の指示に従って、スタートをきると勢いよく滑り出します。そして中間地点まで来ると大きなボウルの中に放り出されます。

ボールの中を、なかなかのスピードで遠心力回転し、ついにはボウルの中心の渦の中に吸い込まれ、一気に下のスプラッシュダウンプールまで回転しながら滑り落ちます。

一回体験すると、楽しくて2、3回は続けてライディングする子供たちが多いです。もちろん大人でも病みつきになるスリルです。

とにかく、日頃のストレスをこの絶叫系「Super Bowl(スーパーボール)」に乗って一気に発散してしまいましょう。

ウォーターパークの見どころ4. 絶叫「BOOMERANGO」で勢いよく垂直に流されよう!

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」の「BOOMERANGO(ブーメランゴー)」は、先ほどの「Super Bowl(スーパーボール)」よりスリル満点だとウワサされている絶叫系のスライダーです。

係員の合図で、滑り始めると一気に暗い筒の中を急下降します。なかなかスピードが出るので、この段階から、ライダーは絶叫しています。でも「BOOMERANGO(ブーメランゴー)」の本当のスリルはここからです。

暗い筒を出ると、今度は一気に、90度に反りあがっている15メートルの壁を登り上げます。この壁が15メートルの部分でカットされているので、「もし勢いがつきすぎて壁を突き抜けてしまったらどうしよう!」という心配が心をよぎります。

見ているほうもスリル満点です。でも大丈夫です。綿密に計算されたスライダーですので15メートルの壁を突き破った人は一人もいません。

ただ浮き輪から放り出されてはいけませんので、浮き輪の持ち手をしっかりつかんでいてくださいね!

こちらも1人用と2人用の浮き輪を選べます。子供が利用する場合、身長が122cm以上で大人の方と2人用の浮き輪で一緒に滑る必要があります。

ウォーターパークの見どころ5. パーク内の美味しいレストランで休憩しよう!

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」には、「Jungle Deli(ジャングルデリ)」と呼ばれるレストランがあります。

このレストランでは、色々な種類の料理を楽しむことができます。タイ料理だけでなく、ピザやフレンチフライなどの洋食も完備していて、なかなか美味しいと評判です。エアコンが効いている室内なので、遊んでほてった体をクールダウンさせることができます。

また、小腹がすいたら「Coconut Cafe(ココナッツカフェ)」で軽食やスナックを食べることもできます。

パーク内は飲食の持ち込みが禁止されていますので、どうしても上記のサービスを利用する必要があります。

他にも、大人にうれしいバーも2店完備されています。「Island Bar(アイランドバー)」と「Splash Bar(スプラッシュバー)」です。

特に、「Splash Bar(スプラッシュバー)」はプールバーになっていて、プールにつかりながら、最高の雰囲気でカクテルなどを楽しむことができます。

プーケット主要部からウォーターパークへのアクセスは?行き方を解説

ここではプーケット主要部にあるプーケット国際空港と、近くのパトンビーチから「スプラッシュジャングルウォーターパーク」にアクセスする方法をお伝えいたします。

プーケット国際空港からウォーターパークへの行き方

まずはプーケット国際空港から「スプラッシュジャングルウォーターパーク」までのアクセス方法をご紹介いたします。

実はプーケット国際空港の隣の敷地に「スプラッシュジャングルウォーターパーク」が隣接しています。ですのでバスや電車でのアクセス方法はありません。しかも空港とウォータパークの敷地がそれぞれ広すぎるので、歩いて行ってもすごい遠回りの道のりを一時間以上かけていく必要があります。

ですからアクセス方法は、タクシー一択となります。
ですが実は他にも裏技がありますのでそれも合わせてお伝えします。

行き方 料金 所要時間
タクシー 約150~200バーツ 約12分
チャーター車 850バーツ(片道)
1,500バーツ(往復)
約12分~

タクシーでのアクセス方法

プーケット国際空港から「スプラッシュジャングルウォーターパーク」までの道のりは8.5キロです。

バンコクのタクシー料金で行くと、約73バーツほどです。でもここはバンコクとは違うのでタクシー料金が少し割高です。また、メーターを使うタクシーはほとんどいません。

タクシー運転手に交渉する必要がありますが、相場で言いますと150バーツから200バーツほどで行けます。外国人なのでもう少し吹っ掛けてくることも考えられますが、相場を知っておけば、その料金で連れて行ってくれるタクシーを探すことができます。

所要時間は約12分です。渋滞はほぼありませんので、ほぼほぼこの時間で行けてしまいます。

チャーター車でのアクセス方法【裏技】

プーケットには旅行代理店がいくつもありますが、それらの代理店のサービスの中に送迎サービスがあります。

例えば、空港についてすぐに「スプラッシュジャングルウォーターパーク」に直行する場合、荷物も多いですし、人数もいるならば代理店で車をチャーターして利用することもできます。

ウォーターパークで遊んだ後は、ホテルまでそのまま送迎してもらうことも可能です。

例えば、ある旅行代理店は、プライベート送迎の場合、空港お迎えは車1台850バーツで、往復の場合は、車1台1500バーツになるそうです。この情報は下記でお伝えしますのでチェックされてみてください。

ちなみに、この旅行代理店で「スプラッシュジャングルウォーターパーク」の割引チケットを購入することも可能です。

旅行代理店名 プーケット旅行センター
住所 135/20 Paradise Complex 200 Year Road Patong Beach Phuket
営業時間 9:00~21:00
公式サイト https://www.phuket-ryoko.com/other/splash_jungle_waterpark.html

パトンビーチからアクセスする場合

プーケットの有名ビーチ・パトンビーチから「スプラッシュジャングルウォーターパーク」にアクセスする方法をご説明いたします。

「スプラッシュジャングルウォーターパーク」からビーチを南下した所にパトンビーチがあります。

しかしプーケットには、各ビーチを回る路線バスが無いので、ここでもタクシー利用一択になります。あとここでも、裏技をご紹介いたします。

行き方 料金 所要時間
タクシー 約350~400バーツ 約45分
旅行代理店送迎 150バーツ 約45分

タクシーでのアクセス方法

パトンビーチから「スプラッシュジャングルウォーターパーク」までは37~40キロの距離があります。

バンコクの40キロ走行の料金で行きますと約220バーツ以上かかります。ですのでここプーケットでは350~400バーツはかかるとみていたほうがいいでしょう。所要時間は約45分です。

ただ、タクシーは、ビーチの近くにはあまりスタンバイしていません。宿泊されているホテルでタクシーを呼んでもらうのが一番スムーズです。

旅行代理店送迎車でのアクセス方法【裏技】

先程、パトンビーチからタクシーで「スプラッシュジャングルウォーターパーク」に行く場合、宿泊されているホテルでタクシーを呼んでもらう方法をお伝えいたしましたが、ホテルによっては送迎サービスをしてくれるところも多いです。

フロントでホテルが送迎サービスをしているのか確認してみることをおすすめします。ホテルによっては無料で送迎してくれるホテルもあるでしょう。

他にも先程ご紹介しました旅行代理店でも、プーケット島の各ビーチから送迎サービスを格安で提供しているようでしたので、是非アクセスして確認してみてください。

ちなみに、この旅行代理店を使ってパトンビーチからウォーターパークにアクセスする場合、片道は150バーツと記載されています。所要時間は45分から1時間程度と予想されます。

スリル満点の「スプラッシュジャングルウォーターパーク」で最高の一日を過ごそう!

今回、この記事でおすすめした4つのスライダーのほかにも、あと8つのアトラクションが「スプラッシュジャングルウォーターパーク」には存在します。

「Super Bowl(スーパーボール)」や「BOOMERANGO(ブーメランゴー)」は残念ながら122cm以下のお子様は利用できませんが、でも実は、そんな3歳4歳の小さな子供たちが楽しんでいただけるアトラクションが、ここには沢山あるんです。

温水ジャグジーや波のプールなどで、ライフジャケットを着用した子供たちが楽しそうに遊んでいます。他にも小さな子供たちに人気なアトラクションは「水上ジャングルジム」です。ミニスライダーもついているので、本当に楽しそうです。

スライダー遊びは、水着だけですと肌がこすれて痛い場合もありますので、必ずラッシュガードなどを着用されることをおすすめします。他にも金属製のジッパーや飾りがついた水着は安全上危ないので避けたほうがよさそうです。

安全にしっかり配慮できれば、楽しい一日を過ごすことができます。

是非、「スプラッシュジャングルウォーターパーク」で最高の一日をお過ごしください。