たびらくのロゴ

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの5つの見どころを解説!

「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」は土日限定の大規模市場です。多様なジャンルの製品を一度に見ることができます。バンコクでショッピングを1日楽しむなら、バンコク最大のウィークエンドマーケットに是非!

チャトゥチャックウィークエンドマーケットってどんな場所?

「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」は1982年に設立された、バンコク最大級の市場です。その名の通り、土日限定で開かれるマーケットですが、毎週多勢の観光客が押し寄せます。

アジア雑貨や安くて質の良い服、アクセサリー、美容製品、革製品、食器など様々なジャンルの製品を一度に見ることができます。タイの屋台もあるので、1日あっても周り切られないほど大規模で、店舗数も他に類を見ないマーケットです。

1.13平方キロメートルの敷地に、約15,000店以上が出店しています。

チャトゥチャック内は全部で27のセクションに分かれています。端から端まで続くメインロードから、グリーンゾーンと呼ばれる道に分かれて行きます。まずはメインロードに沿って歩きながら、気になるセクションに入ってみる、という周り方もできます。

セクションごとに特徴があり、観光客の他に世界中からバイヤーが訪れることも。お店の人とのやり取りや値引き交渉もマーケットでの買い物の醍醐味ですね。

リーズナブルな価格で、タイならではのお土産も品揃え豊富です。見ているだけでもワクワクする買い物好きにはお宝いっぱいのマーケットです。

暑さ対策を忘れずに!

チャトゥチャック内は全体がテナントになっているため、多くの店舗が路面店式です。

冷房がない店舗がほとんどなので、11月〜2月の乾季以外のシーズンはテント内に熱気がこもり、かなり蒸し暑くなります。買い物に夢中になって水分補給を忘れないようにしてください。

汗拭き用のタオルも必須です。喉が乾く前に、フルーツジュースやアイスなどタイならではの屋台で必ず休憩をしてください!

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの便利アイテム

チャトゥチャック内の店舗の大半は現金払いです。クレジットカードはほぼ使えません。

タイの市場ではよくあることですが、1,000バーツなどの大きいお札はお釣りが無いことがあるので、あまり好まれません。小銭や20バーツ札などを用意しておくと良いでしょう。

広いチャトゥチャック内を周るのに欠かせないもう一つのアイテムは地図です。27のセクションの場所や各セクションで扱う商品の特徴が載っています。事前にネット検索もできますがチャトゥチャック入口で地図が配られているので、是非手に入れましょう。

住所 Kamphaengphet Rd, Chatuchak, Bangkok 10900
営業時間 水曜日と木曜日:7:00~19:00(植物セクションのみ)
金曜日:18:00~24:00(卸売セクションのみ)
土曜日と日曜日:9:00〜18:00(市場全体)
定休日 月曜日と火曜日
公式サイト http://www.chatuchakmarket.org/

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの見どころ1. タイ雑貨や食堂が集まるメインロードを歩こう

「チャトゥチャック」内、セクション8は「チャトゥチャック」2番出入り口からすぐにあるセクションです。

タイ土産の定番、タイシルクやアロマグッズ、タイ雑貨、家具などの他に、オリジナルグッズを扱う洋服や個性的なショップなど多種多様なショップが揃っています。

また観光客にも人気の食堂やカフェバーもあります。道に迷ったらひとまずセクション8に向かえば、満足できそうです。

たくさん並ぶお店の中から、アジアンテイスト漂うお土産探しに最適なお店を紹介します。

伝統的な竹かご専門店「Bamboo House」

「Bamboo House」はセクション8にある、竹かご専門店です。バンコク郊外のチョンブリー県で作られた竹工芸品を扱っています。

タイの竹を使い、タイの職人によって手作りされたかごが、店内にサイズや形違いで所狭しと置かれています。

インテリアのアクセントにもなる竹かごを探してみてはいかかでしょう。

セクション Section 8, Soi 14/1-14/2, No.050,018
電話番号 081-827-0447
営業時間 5:00〜18:00
定休日 月曜〜木曜

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの見どころ2. 見るだけでも楽しいインテリア雑貨を覗いてみよう

「チャトゥチャック」内、セクション17と19には、かわいい食器や茶器、タイ伝統の陶磁器のお店が並びます。セラドン焼きやベンジャロン焼き、青白陶器、サンカローク焼きなど、タイを代表する陶磁器を1度に選ぶことができます。

タイの陶磁器の価格はピンからキリまでなので、1,000バーツを超えるお皿から50バーツ程で手に入るお香立てや箸置きなどがあります。街中のデパートやモールで買うよりは断然お買い得です。

品数が豊富なので、友達や家族のお土産を購入するのも、自分用にお気に入りの食器を購入するのも、ただ見て周るだけでも、楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいます。

店舗数も品数も多いので、その中から、根強い人気の陶器店を紹介します。

モダンで手頃な青白陶器の「Thong Charoen Ceramic」

「Thong Charoen Ceramic」は、セクション17にあるタイ食器「青白陶器」のお店です。青白陶器とは、白地に藍で色付けした中国の青花磁気をルーツに持つ、どこか懐かしい雰囲気の食器です。

店内には、箸置きから茶器、大皿、小皿、レンゲなど、たくさんの食器が積み上げられています。価格は30バーツほどから購入できますが、値段が書かれていないので、お店の人に確認してください。

伝統的過ぎないモダン柄がおしゃれで使い勝手の良い食器です。是非気に入ったものを探してみてください。

セクション Section 17, Soi 8/1, No.003〜005
電話番号 02-429-1727
営業時間 8:00〜18:00
定休日 月曜〜木曜

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの見どころ3. 名物おじさんも面白いパエリア店「Viva8」で食事をしよう

「Viva8」は「チャトゥチャック」内、セクション8の通りにある、パエリアのお店です。店先の大きなフライパンで作られるパエリアと、パエリアに負けないくらい目立つ名物おじさんが目印です。

パエリアは1皿160バーツでお買い得。チキンや海老、パプリカやインゲンなど具沢山で、量も充分あるので、女性なら2人で1皿でも良いかもしれません。

お昼前には既にお客さんでかなり混み合うので、11時前に行っておくとすぐに入れます。カウンターで注文するので、席を先に確保してから、注文するのがおすすめです。

住所 587/10 Kamphaeng Phet 2 Rd, Chatuchak, Chatuchak, Bangkok
営業時間 7:00〜22:00
定休日 月曜〜金曜
公式ウェブ http://www.facebook.com/Viva8JJ/

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの見どころ4. 自然が一面に広がる緑豊かな「チャトゥチャック公園」でのんびり過ごす

バンコク市内には緑が広がる広い公園が幾つかあります。「チャトゥチャック公園」も人気の公園の1つです。「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」の北側にある自然が一面に広がる大きな公園です。

昼間は日向ぼっこをしたり、お喋りをしたり、のんびり過ごすことができます。休日は「チャトゥチャック」に行く前に散歩がてら緑の中を歩くのも良いですね。

住所 Kampaengphet Rd., Ladphyao, Chatuchak Bangkok 10900
営業時間 5:30〜21:00
定休日 なし

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの見どころ5. 平日なら「JJモール」に行ってみよう

市場でたくさん買い物がしたいけど、土日限定の「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」には日程的に行かれない…という人には、「チャトゥチャック」から徒歩約10分の所にある「JJモール」がおすすめです。

タイ雑貨や衣料品など「チャトゥチャック」と同様のものも見つけられます。フードコートと冷房完備で快適なショッピングをお楽しみください。

土日でもマーケットで暑さに疲れたら、少し歩いて、冷房の効いた「JJモール」の中で涼みながら休憩するのも良いかもしれません。

住所 588 Kamphaeng Phet 2 Rd, Chatuchak, Bangkok, 10900
営業時間 10:00〜21:00
定休日 なし

バンコク中心部からチャトゥチャックウィークエンドマーケットへのアクセスは?行き方を解説

「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」は最寄り駅から歩いてすぐ近くなので、地下鉄MRTガムペーンペット駅でも電車BTSモーチット駅でも簡単にアクセスできます。

MRTガムペーンペット駅からは2番出口を出てすぐ、MRTモーチット駅からは1番出口を出て、チャトゥチャック公園内を通り抜けるとすぐに到着です。

バンコク中心部サイアムからのアクセスにはBTSモーチット駅が便利です。ここではタクシーとBTSモーチット駅を使ったアクセス方法を紹介します。

アクセス方法 最寄り駅/停留所 料金 所要時間
タクシー 約150バーツ
(※メーター制の場合)
約30分
電車BTS モーチット駅 約44バーツ 約30分

チャトゥチャックウィークエンドマーケットへの行き方1. タクシーを利用

バンコク中心部サイアム周辺からパヤータイ通りを北方向に進みます。戦争記念塔ロータリーをパホンヨーティン通り沿いのルート1に入ります。そのまま約2km進むと左手にチャトゥチャックウィークエンドマーケット3番出入り口に到着です。

正面入口で降りるには、マーケット沿い南方向に進んでください。約600mで正面入口です。

所要時間は全体で約30分、距離にすると約7kmです。タクシー料金は大体120〜200バーツになります。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットへの行き方2. 電車を利用

バンコク中心部サイアムからはBTSスクムビット線で7番目の駅がモーチット駅です。大体の所要時間は約15分です

モーチット駅の1番出口から繋がっているMRTチャトチャック公園駅に進み、1番出口から出ます。

チャトゥチャック公園内に入り、左の方向へ道なりに進んでいくと、チャトゥチャックウィークエンドマーケットの入口に到着します。

徒歩約10〜15分ほどです。

1日中楽しめるバンコク最大のウィークエンドマーケットへ行こう!

タイ旅行の醍醐味の1つといえば、タイならではのショッピングや屋台ではないでしょうか。

「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」はタイらしい雑貨や洋服、食器や美容製品などありとあらゆるジャンルの商品を1度に見ることができるバンコク最大のマーケットです。

さらにタイの屋台も満喫できます。

地元っ子にも観光客にも人気が高いので、毎週溢れかえるほどの人が押し寄せます。

1日あっても時間が足りないくらい。土日限定の大型マーケットで、ショッピングも屋台もぜんぶ楽しみましょう!!